TOP > 技術シーズ検索 > 画像処理方法、その方法を実行するプログラム、記憶媒体、撮像機器、画像処理システム

画像処理方法、その方法を実行するプログラム、記憶媒体、撮像機器、画像処理システム

シーズコード S120009243
掲載日 2012年3月28日
研究者
  • 柳井 啓司
技術名称 画像処理方法、その方法を実行するプログラム、記憶媒体、撮像機器、画像処理システム
技術概要 画像処理システムは、システム外部の位置情報付き画像記憶部11より画像を収集して画像本体記憶部15に蓄積すると共に、画像に付加されている位置情報をメタデータ記憶部16へ格納する。また、画像の撮影位置に対応してマッピングサービス記憶部12より、位置情報に対応する位置の航空写真画像または地図画像を取り出し、異なる縮尺の小領域パッチ画像を生成し、各縮尺の記憶部13a、13b、13cへ格納するようになっている。システム外部の位置情報付き画像記憶部11として、ネットワークを介してアクセス可能なデータベースを用いてもよい。例えば、インターネット上に公開されたソーシャルサイトである「Flickr(登録商標)」などをあげることができる。「Flickr」は撮影画像を投稿(アップロード)、共有(ダウンロード)することが出来るソーシャルサイトであり、毎日100万以上の画像が投稿されるといわれている。マッピングサービス記憶部12としても、ネットワークを介してアクセス可能なデータベースを用いてもよい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-106546.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 認識対象画像の分類に際し、認識対象画像と併せて、撮影位置付近の航空写真画像および地図画像を画像認識の手がかりの一部として利用することで、画像の認識精度を向上させる画像処理方法、その方法を実行するプログラム、記憶媒体、撮像機器、画像処理システムを提供する。
デジタルカメラやカメラ付き携帯電話等の撮像機器で撮影した位置情報付きのデジタル写真の自動分類、検索することが可能となる。また、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話の撮像機器で撮影した画像の自動タグ付け、自動説明文生成、自動アルバム作成といった、様々な応用が可能になる。
用途利用分野 画像処理プログラム、撮像機器、画像処理システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人電気通信大学, . 柳井 啓司, . 画像処理方法、その方法を実行するプログラム、記憶媒体、撮像機器、画像処理システム. 特開2009-258953. 2009-11-05
  • G06T   1/00     
  • G06T   7/00     
  • G06F  17/30     

PAGE TOP