TOP > 技術シーズ検索 > ブレ測定システムおよびブレ測定方法

ブレ測定システムおよびブレ測定方法

シーズコード S120009247
掲載日 2012年3月28日
研究者
  • 西 一樹
  • 追田 真也
  • 政木 康生
技術名称 ブレ測定システムおよびブレ測定方法
技術概要 手ブレ補正機能を有するデジタルカメラである撮影機2により被写体cを撮影した画像は、撮影機2のシャッタースピード内で、テストパターンP1~Pnの内の何れか2以上を撮影した合成画像dとなる。撮影の際、撮影機2が被験者の手で保持されていると、パン軸(垂直軸)周りの回転運動となる手ブレ、ピッチ軸(水平軸)周りの回転運動となる手ブレ、ロール軸(パン軸とピッチ軸双方に直交する軸)周りの回転運動となる手ブレの3種類の手ブレを生じる。したがって、合成画像dには、テストパターンP1~Pnの内の撮影されたテストパターン中における基準枠a及び点状図形bが、撮影機2の3軸周りの手ブレによって垂直方向、水平方向、回転方向へ微動し、図に示す基準枠a‘及び点状図形b’として写し出される。種類の異なる複数のテストパターンP1~Pnを順次に表示し、これらテストパターンP1~Pnの内の2以上のテストパターンを撮影機2で静止画像撮影してなる合成画像d中から、各テストパターンに対応するテンプレートと一致する画像をパターン認識し、このパターン認識の際の各テンプレートの移動方向及び移動量を、撮影機2のブレ方向及びブレ量とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-551020.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • 撮影,現像,焼付け,引伸し
展開可能なシーズ 任意の撮影機に対し付加装置を必要とすることなく、撮影機のブレの変化を検出することができ、更には、撮影機の3軸周りのブレを検出することができるブレ測定システムおよびブレ測定方法を提供する。
撮影機に特別な付加装置を必要とすることなく、実際の撮影環境下で、撮影機や使用者の相違に拘わらずに、任意の撮影機のブレを容易に検出することができる。しかも、複数の移動方向及び移動量データから、撮影機のブレの変化を検出することができる。更に、撮影機の3軸ブレ方向に対応するように各テンプレートの移動方向毎に移動量を検出すれば、撮影機の3軸周りのブレが時系列的にどのように変化したのかを知ることができる。また、複数のテストパターンの表示間隔の設定により測定分解能を容易に可変することができる。
用途利用分野 ブレ測定システム、撮影機、デジタルカメラ、光学機器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人電気通信大学, 船井電機株式会社, . 西 一樹, 追田 真也, 政木 康生, . ブレ測定システムおよびブレ測定方法. . 2010-04-22
  • H04N   5/232    
  • G03B   5/00     

PAGE TOP