TOP > 技術シーズ検索 > 多剤耐性緑膿菌スクリーニング培地

多剤耐性緑膿菌スクリーニング培地

シーズコード S120009278
掲載日 2012年3月29日
研究者
  • 川村 久美子
技術名称 多剤耐性緑膿菌スクリーニング培地
技術概要 受信者動作特性曲線(receiver operating characteristic curve,ROC曲線)を用い、基礎培地の種類とこの基礎培地への抗菌薬の種類と添加濃度、および検出感度と特異度との関係を検討・評価した。その結果、緑膿菌選択培地に3種の抗菌薬(カルバペネム系抗菌薬、フルオロキノロン系抗菌薬及びアミノ配糖体系抗菌薬)を添加すると、MDRPスクリーニング培地の検出感度及び特異度は優れたものとなる。また、緑膿菌選択培地として、NAC(Nalidic-Acid,Cetrimide)培地又はCHROM agarTM Pseudomonasを基礎培地にすると、MDRPスクリーニング培地は実用に耐えうるものとなる。さらに、選抜した基礎培地に3種の抗菌薬、すなわち、カルバペネム系抗菌薬としてイミペネム、フルオロキノロン系抗菌薬としてシプロフロキサシン、アミノ配糖体系抗菌薬としてアミカシンを、シプロフロキサシン≦アミカシン<イミペネム、の濃度で添加すると、MDRPスクリーニング培地は安定性に優れ、臨床現場での使用に十分耐えられ、検出感度及び特異度が良好なものとなる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-270620.GIF
研究分野
  • 微生物検査
  • 微生物検査法
展開可能なシーズ 迅速且つ簡便に多剤耐性緑膿菌(multi-drug resistant P.aeruginosa;MDRP)を検出することを可能にするMDRPスクリーニング培地及びその用途(MDRP検出法)を提供する。
検出感度及び特異度に優れたMDRPスクリーニング培地を構築できる。また、実用に耐えうるMDRPスクリーニング培地を構築できる。さらに、安定性に優れ、臨床現場での使用に十分耐えられるものである。
用途利用分野 多剤耐性緑膿菌スクリーニング用粉末培地、多剤耐性緑膿菌スクリーニング用平板生培地
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人名古屋大学, . 川村 久美子, . 多剤耐性緑膿菌スクリーニング培地. 特開2010-098950. 2010-05-06
  • C12Q   1/04     
  • C12N   1/20     
  • C12R   1/385    

PAGE TOP