TOP > 技術シーズ検索 > 難聴モデル動物及びその用途

難聴モデル動物及びその用途

シーズコード S120009282
掲載日 2012年3月29日
研究者
  • 加藤 昌志
  • 大神 信孝
  • 高橋 雅英
  • 浅井 直也
  • 時々輪 真由美
技術名称 難聴モデル動物及びその用途
技術概要 片方のアレルのRet遺伝子が障害されていることによって加齢性難聴の表現型を示す齧歯類遺伝子改変動物が提供される。また、齧歯類遺伝子改変動物を用いて加齢性難聴又は騒音性難聴の予防又は治療に有効な物質をスクリーニングする方法が提供される。一方、両方のアレルのRet遺伝子が障害されていることによって先天性難聴の表現型を示す齧歯類遺伝子改変動物が提供される。また、齧歯類遺伝子改変動物を用いて先天性難聴の治療に有効な物質をスクリーニングする方法を提供する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-053481.GIF
研究分野
  • 遺伝子操作
  • 生物薬剤学(臨床)
  • 耳鼻咽喉科の基礎医学
展開可能なシーズ 難聴や耳鳴りの予防又は治療手段の確立を目指し、難聴の表現型を示すモデル動物及びその用途を提供する。
Retタンパク質の活性化に必須のアミノ酸の置換を伴う点遺伝子変異によって片方のアレルのRet遺伝子が機能障害されており、加齢性難聴の表現型を示す、齧歯類遺伝子改変動物等により、加齢性難聴又は騒音性難聴の予防又は治療に有効な物質のスクリーニング法を提供できる。
用途利用分野 スクリーニング装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人名古屋大学, . 加藤 昌志, 大神 信孝, 高橋 雅英, 浅井 直也, 時々輪 真由美, . 難聴モデル動物及びその用途. 特開2010-207097. 2010-09-24
  • C12Q   1/02     
  • C12Q   1/68     
  • G01N  33/50     
  • G01N  33/15     
  • A01K  67/027    
  • C12N  15/09     

PAGE TOP