TOP > 技術シーズ検索 > 無線通信システム及び方法並びにそれに使用される送信機及び受信機

無線通信システム及び方法並びにそれに使用される送信機及び受信機

シーズコード S120009288
掲載日 2012年3月29日
研究者
  • 赤岩 芳彦
  • 牟田 修
技術名称 無線通信システム及び方法並びにそれに使用される送信機及び受信機
技術概要 本発明のパイロット信号同期回路15は、パイロット信号抽出回路14によって抽出された全サブキャリアのパイロット信号の同期をとる。パイロット信号再合成回路16は、同期をとったパイロット信号のサブキャリア位相をパイロット信号区間の中央で同位相にして合成する。ピーク振幅検出回路17は、合成されたパイロット信号からピーク振幅値を検出する。伝搬路特性計算回路18は、検出されたピーク振幅値を用いて伝搬路のパラメータの推定値を計算し、その推定値から作成したパイロット信号の複製とパイロット信号との2乗誤差が最小となる伝搬路のパラメータを計算することによって、伝搬路の特性を推定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-270199.gif
研究分野
  • 移動通信
展開可能なシーズ 移動無線通信等で、高速/高品質通信を実現するために、周波数選択性フェージングによる信号歪みに対処する方式としてマルチキャリア変調方式があり、パイロット信号を内挿して伝搬路特性を推定する方式が知られている。しかしながら、この方式では、合成パイロット信号の送信ピーク電力が高くなり、電力増幅器において非線形歪みが生じるおそれがある。そこで、無線通信の際に、電力増幅器においてパイロット信号に大きな非線形歪みを与えることなく、伝搬路特性を高い時間分解能で推定することを目的とする。
本発明によれば、全サブキャリアのパイロット信号の少なくとも一部について互いに相違する時刻に送信されるように、パイロット信号が内挿されたマルチキャリア信号を送信する。これによって、合成パイロット信号の送信ピーク電力を従来の方式に比べて低減することができるので、無線通信の際に、電力増幅器においてパイロット信号に大きな非線形歪みを与えることなく、伝搬路特性を高い時間分解能で推定することができる。
用途利用分野 高速無線通信システム、無線送信機、無線受信機
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 九州大学, . 赤岩 芳彦, 牟田 修, . 無線通信システム及び方法並びにそれに使用される送信機及び受信機. 特開2003-087210. 2003-03-20
  • H04J   1/00     
  • H04B   3/10     
  • H04L  27/01     

PAGE TOP