TOP > 技術シーズ検索 > アンテナ、アンテナ設計装置、アンテナ設計方法及びアンテナを生産する方法

アンテナ、アンテナ設計装置、アンテナ設計方法及びアンテナを生産する方法

シーズコード S120009292
掲載日 2012年3月29日
研究者
  • 吉田 啓二
  • 金谷 晴一
技術名称 アンテナ、アンテナ設計装置、アンテナ設計方法及びアンテナを生産する方法
技術概要 本発明のアンテナは、基板上に形成されたパターンによるものであって、外周上に給電部を有し、給電部側の左右両端にスロットを形成して給電部に向かっての外周の幅に異なる部分を形成することにより、少なくとも一つの共振点の共振周波数とインピーダンスの少なくとも一方が調整されたものである。この調整は、他の共振点の共振周波数やインピーダンスなどの調整とほぼ独立に行うことができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-293958.gif
研究分野
  • アンテナ
展開可能なシーズ 最近、無線PANなどにおいて、超広帯域(UWB)が注目を集めている。UWBは、1ナノ秒以下の極短パルス波を利用することにより、マルチパスに強く、超低消費電力、位置特定が可能という特徴があり、100Mbps以上の高速通信が可能であるなどの特徴がある。UWBでの通信を可能にするためには、パワーが低く、かつ、広い周波数帯域内において、利得や指向性が一定である広帯域なアンテナが必要となる。そこで、本発明は、広帯域に適した新たな設計によるアンテナ、アンテナ設計装置、アンテナ設計方法及びアンテナを生産する方法を提案することを目的とする。
本発明によれば、外周の形状の変化により共振点の調整が可能となり、共振点の調整により、広帯域に適したアンテナの設計が可能となる。さらに、複数の共振点をほぼ独立に調整可能であり、調整後の共振点における偏波面は揃っているため、複数の共振点の調整により、1個の共振だけではQ値が大きいため不可能であったような広帯域化設計が、複数の共振を利用して帯域を広げることにより可能となる。
用途利用分野 超広帯域アンテナ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州大学, . 吉田 啓二, 金谷 晴一, . アンテナ、アンテナ設計装置、アンテナ設計方法及びアンテナを生産する方法. 特開2009-124285. 2009-06-04
  • H01Q  13/10     
  • H01Q   1/38     

PAGE TOP