TOP > 技術シーズ検索 > 風力発電機に用いる蓄電池設備

風力発電機に用いる蓄電池設備

シーズコード S120009307
掲載日 2012年3月29日
研究者
  • 千住 智信
  • 菊永 康朗
技術名称 風力発電機に用いる蓄電池設備
技術概要 風力発電機と並設する蓄電池を備え、蓄電池制御器が、風力発電電力PGとその移動平均値Pcomとの偏差Rを求め、蓄電池残存容量Wbatの目標値との差に傾きαで比例した修正係数Mにインバータ容量CIを乗じて得た修正電力値Pcを偏差Rに加えて蓄電池出力指令値Pbatとするもので、蓄電池制御器の伝達関数モデルを使って、移動平均算定データ数n、傾きα、不感帯幅Dzoneを選択しては風速実測値を使った充放電シミュレーションを行って、設備コストCcap=CBCP+CICWが最終的に最小となる蓄電池容量CB、インバータ容量CIを求めて蓄電池制御器を構築する。CP,CWは蓄電池とインバータの容量当たりコストである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-232066.gif
研究分野
  • 風力発電
展開可能なシーズ 風力発電機が出力する発電電力は風速の変化により激しく変動する。蓄電池を併設することによりこの発電電力変動を平準化することができるが、蓄電池容量、インバータ容量によって平準化効果が変化する。また、蓄電池の充放電動作は蓄電池の制御器パラメータによって大きな影響を受ける。本発明では、風力発電機に併設され発電電力変動を平準化する、設備コストが最小となる最適容量を有する蓄電池を提供することを目的とする。
本発明の風力発電機に用いる蓄電池設備は、発電電力変動の許容値まで平準化することを制約条件として、合成出力電力変動が制約条件を満たすと共に設備コストが最小となる最適な蓄電池容量、インバータ容量および蓄電池の制御器パラメータを備えるようにすることができる。
用途利用分野 風力発電システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 琉球大学, . 千住 智信, 菊永 康朗, . 風力発電機用蓄電池設備の製作方法. 特開2009-065787. 2009-03-26
  • H02J   3/32     
  • H02J   3/38     
  • H01M  10/44     

PAGE TOP