TOP > 技術シーズ検索 > 風力発電装置の最大電力追従制御装置

風力発電装置の最大電力追従制御装置

シーズコード S120009311
掲載日 2012年3月29日
研究者
  • 千住 智信
  • 越智 文啓
技術名称 風力発電装置の最大電力追従制御装置
技術概要 本制御放置においては、発電機3の回転子の回転位置と回転速度を測定する回転位置速度測定器と、発電機の回転トルクを検出するトルク計と、風速を測定する風速計8と、パラメータ同定器11と、最適回転速度設定器12と、速度制御器13と電流制御器17と座標変換器16とを備えている。パラメータ同定器11で発電機の入力出力測定値と風速情報を用いて逐次形最小二乗推定により運転中の風車の損失係数を同定する。最適回転速度設定器12でその同定した損失係数を用いて最大電力点に当たる最適回転速度を決定する。制御器13,17により指定された最適回転速度を目標値として制御して風力発電装置の最大電力点追従制御を実現する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-261393.gif
研究分野
  • 風力発電
  • システム設計・解析
展開可能なシーズ 風力発電装置の運転時において、風車パラメータが変化しても風速に応じて最大出力が得られる最適回転速度を追従制御するようにした最大電力点追従制御装置を提供する。
風車は、それぞれ特性に応じて、風速毎に最大出力が得られる最適回転速度が異なることから、より多くの発電電力を得るためには、風力発電機を可変速で制御し、最大出力を得られる速度で運転することが有効である。本発明では、風力発電装置の入力出力測定値と風速情報を用いて運転中の風車の損失係数を同定し、同定した損失係数を用いて最大電力点に当たる最適回転度を決定し、指定された最適回転速度を目標値として風力発電装置の制御を行うことによって実現した。
用途利用分野 風力発電装置用最大電力追従制御装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 琉球大学, . 千住 智信, 越智 文啓, . 風力発電装置の最大電力追従制御装置. 特開2009-091923. 2009-04-30
  • F03D   7/04     
  • F03D   9/00     
  • H02P   9/00     

PAGE TOP