TOP > 技術シーズ検索 > ケミカルヒートポンプの反応器用熱交換器

ケミカルヒートポンプの反応器用熱交換器

シーズコード S120009329
掲載日 2012年3月29日
研究者
  • 小倉 裕直
  • 金丸 靖
技術名称 ケミカルヒートポンプの反応器用熱交換器
技術概要 反応器1中心部は多段トレーであって、トレー10はステレス製のフィン11が放射線状に溶接されたステンレス板で製作され、CaO又はCa(OH)粒子はこのトレー10上に充填される。トレー10の1段は半円に分割され、取り外しが可能となっており、中心部のステンレス管よりなる熱交換パイプ6は2枚の半円トレーで挟み圧着され熱移動抵抗が軽減されている。トレー10側面には蓄熱用ヒータ5が等間隔に圧着され、取付金具を用いて固定される。ヒーター5接触面がトレー10側面のくぼみに埋め込まれることで接触は面接触となり、熱移動がより良好に行われる。トレー10間距離は反応媒体である水蒸気の移動、拡散を考慮し、調節可能なように可動式である。反応器1内で生成した熱は中心部の熱交換用パイプ6にて外部へ熱回収される。Ca(OH)粒子の蓄熱の際にはトレー10自体が伝熱フィンとして機能し、ヒータ5から供給される熱がより均一に粒子全体に供給される。放熱の際には水和反応により生成された温熱が中心部の熱交換用パイプ6に集中されて熱回収が行われることを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1997-355812.gif
研究分野
  • 熱交換器,冷却器
  • ヒートポンプ
展開可能なシーズ 生成熱量の増大及び熱交換効率の向上ができるケミカルヒートポンプの反応器用熱交換器を提供する。
多段トレー方式にすることで粒子と水蒸気との接触面積が大きくなり、反応が促進できる。蓄・放熱時の熱移動が良好で均一な熱移動ができる。反応器本体への熱損失が小さくなると共に、蓄熱密度が大きくできる。一段のトレーを分割式にすることで、取り外しが可能である。
用途利用分野 反応器用熱交換器、ケミカルヒートポンプ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州工業大学, . 小倉 裕直, 金丸 靖, . ケミカルヒートポンプの反応器用熱交換器. 特開平11-182968. 1999-07-06
  • F25B  17/08     
  • F25B  35/04     

PAGE TOP