TOP > 技術シーズ検索 > 部分放電パルスの信号処理方法および信号処理装置

部分放電パルスの信号処理方法および信号処理装置

シーズコード S120009341
掲載日 2012年3月30日
研究者
  • 松本 聡
  • 笠島 和教
技術名称 部分放電パルスの信号処理方法および信号処理装置
技術概要 部分放電に起因するパルス信号を検出する方法は、測定したパルス信号を受信し、受信した信号をハール基底による離散ウェーブレット変換することで、測定したパルスの周波数成分を測定時のサンプリング周波数の低周波側から高周波側まで周波数帯ごとに分離し、更に変換ステップにて変換された周波数帯ごとのパルスの値を所定の閾値と比較し、比較の結果、パルスの値が閾値を超える等、部分放電を示す関係にあるものを選択し、選択結果を時間軸にマッピングすることで部分放電に起因するパルスを検出する。これにより、明確に部分放電パルスに起因しない周波数成分のパルスを除去でき、また測定したパルス信号の原波形中に、所定の閾値以上のピーク値を有する抽出信号をプロットすることにより、抽出信号が原波形中のいずれの位置に表れているかを容易に識別することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-061865.GIF
研究分野
  • 放電装置
展開可能なシーズ 測定対象の電気機器から測定した電流や電圧などの電気信号のパルス信号の中から、容易に部分放電に起因するパルス信号を検出する手段および装置を提供する。
この信号処理方法および信号処理装置により、測定対象の電気機器から測定した電流や電圧などの電気信号のパルス信号の中から、部分放電に起因するものを容易に見つけることが可能となる。
用途利用分野 部分放電パルス信号処理システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人 芝浦工業大学, . 松本 聡, 笠島 和教, . 部分放電パルスの信号処理方法および信号処理装置. 特開2009-216605. 2009-09-24
  • G01R  31/12     
  • H02B  13/065    
  • H02B   3/00     
  • H01H  33/56     
  • H01H  33/55     
  • H01H  33/00     

PAGE TOP