TOP > 技術シーズ検索 > ナトリウム加熱蒸気発生器の水リーク音響検出方法

ナトリウム加熱蒸気発生器の水リーク音響検出方法

シーズコード S120009350
掲載日 2012年3月30日
研究者
  • 近澤 佳隆
  • 荒 邦章
技術名称 ナトリウム加熱蒸気発生器の水リーク音響検出方法
技術概要 ナトリウム加熱蒸気発生器の容器胴部10の外壁に、5個以上の加速度計24を一列に配置して音響データ受信アレイ20を形成し、加速度計24で検出した音響信号を多チャンネルアナログ/デジタル変換器を通してコンピュータに取り込み、遅延和法ビームフォーミング処理を施す。これにより音響データ受信アレイ20出力が最大となる値を求めて最大音響検出値とし、予め同様の手法で正常運転時における蒸気発生器運転ノイズについて求めた音響データ受信アレイ20出力をバックグラウンドノイズとして、前記最大音響検出値とバックグラウンドノイズとを比較し、両者間に有意な違いが生じたときに水リークが発生しているものと判定することを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-325642.gif
研究分野
  • 化学装置一般
  • 液体金属冷却型原子炉
展開可能なシーズ ナトリウム加熱蒸気発生器における水リーク発生を迅速に且つ的確に検出する方法を提供する。
水リーク音をバックグラウンドノイズから分離でき、水リーク発生の検出、水リーク位置を検出することができる。
用途利用分野 ナトリウム加熱蒸気発生器、音響データ受信アレイ、ナトリウム冷却高速増殖炉
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人日本原子力研究開発機構, . 近澤 佳隆, 荒 邦章, . ナトリウム加熱蒸気発生器の水リーク音響検出方法. 特開2010-145068. 2010-07-01
  • F22B   1/06     

PAGE TOP