TOP > 技術シーズ検索 > 画像コンテンツ表示システム及び画像コンテンツ表示方法

画像コンテンツ表示システム及び画像コンテンツ表示方法

シーズコード S120009419
掲載日 2012年3月30日
研究者
  • 木原 雅巳
  • 海寳 可奈美
技術名称 画像コンテンツ表示システム及び画像コンテンツ表示方法
技術概要 画像コンテンツ表示システムは、契約者クライアント13-1、コンテンツサーバ12-1、契約者認証サーバ11-1及び著作権管理サーバ10-1を備える。ここで、契約者クライアント13-1は、画像コンテンツ要求をコンテンツサーバ12-1に送信し、コンテンツサーバ12-1から画像コンテンツを受信する。画像コンテンツ要求とは、契約者の認証情報及び契約者の要求する画像コンテンツの種類を含む要求である。また、コンテンツサーバ12-1は、契約者クライアント13-1からの画像コンテンツ要求から契約者の認証情報を抽出し、抽出した契約者の認証情報を契約者認証サーバ11-1へ送信し、契約者クライアント13-1からの画像コンテンツ要求から画像コンテンツの種類を抽出し、抽出した画像コンテンツの種類を著作権管理サーバ10-1へ送信し、著作権管理サーバ10-1からの画像コンテンツの品質の情報を受信し、抽出した画像コンテンツの種類に対応する画像コンテンツの中から、受信した画像コンテンツの品質の情報に従った画像コンテンツを契約者クライアント13-1へ送信する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-009821.GIF
研究分野
  • データ保護
展開可能なシーズ ウェブサイト上の画像コンテンツの著作権の管理に関わるものであり、契約者の認証情報、契約者の認証レベル、画像コンテンツの著作権の管理及び画像コンテンツの品質を管理する能力を備えた画像コンテンツ表示システム及び画像コンテンツ表示方法を提供する。
ウェブサイト上で画像コンテンツを表示する場合、全ての契約者に対し同一の画像コンテンツが表示されるため、表示された画像コンテンツがコピーされた場合、コピー元を特定できない。つまり、不正コピーを特定できないため、画像コンテンツを管理する側では、コピーされても問題が無い大きさ(解像度)の画像コンテンツしか公開できないという問題があった。これに対し提供する画像コンテンツ表示システム及び画像コンテンツ表示方法では、契約者の認証情報、認証レベルに合わせて個別に、きめ細かく、正確な配信制御が可能となる。そのため、ウェブサイト上に表示する画像コンテンツの著作権を管理する美術館等の画像配信システムに適用することができる。
用途利用分野 画像コンテンツ表示システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 木原 雅巳, 海寳 可奈美, . 画像コンテンツ表示システム及び画像コンテンツ表示方法. 特開2011-151529. 2011-08-04
  • H04N   7/173    

PAGE TOP