TOP > 技術シーズ検索 > オオバアサクサノリの判別方法及びそれに用いるプライマー

オオバアサクサノリの判別方法及びそれに用いるプライマー

シーズコード S120009438
掲載日 2012年4月3日
研究者
  • 小林 正裕
  • 阿部 真比古
  • 藤吉 栄次
  • 玉城 泉也
技術名称 オオバアサクサノリの判別方法及びそれに用いるプライマー
技術概要 一般には変異速度が速いため、種判別が困難と考えられているミトコンドリアDNA領域に着目し、ミトコンドリアATP synthase F0 subunit 6(ATP6)遺伝子(770塩基)のうち約75%(580塩基)を含むミトコンドリアDNA部分塩基配列(670塩基)をマーカーとして用いることにより、オオバアサクサノリ(Porphyra.tenera Kjellman var. tamatsuensis Miura)とアサクサノリ(P.tenera Kjellman)とを迅速に判別できることを利用するものである。すなわち、ミトコンドリアATP6遺伝子に関連したミトコンドリアDNA部分塩基配列を増幅するプライマーを用いてノリ由来のDNAを増幅し、得られる増幅産物の多型を識別することからなるオオバアサクサノリを判別するものである。プライマーは、表1に示す配列番号1または2で示す塩基配列もしくはこれらに対応する相補的な塩基配列を有するものである。また、ノリ由来のDNAは糸状体から抽出したものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-265893.GIF
研究分野
  • 遺伝子の構造と化学
展開可能なシーズ オオバアサクサノリを迅速に判別する方法、およびそのための新規なプライマーを提供する。
保存株あるいは野生のアサクサノリの中からオオバアサクサノリを迅速、簡便かつ正確に選別することができるため、膨大な数のアマノリ養殖品種の保存株から最適な育種素材を選別でき、アサクサノリの養殖品種の育成を早めることができる。
用途利用分野 オオバアサクサノリ判別試薬、オオバアサクサノリ判別キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人水産研究・教育機構, . 小林 正裕, 阿部 真比古, 藤吉 栄次, 玉城 泉也, . オオバアサクサノリの判別方法及びそれに用いるプライマー. 特開2010-094053. 2010-04-30
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP