TOP > 技術シーズ検索 > 植物の生長を制御する遺伝子Hd16およびその利用

植物の生長を制御する遺伝子Hd16およびその利用

シーズコード S120009450
掲載日 2012年4月3日
研究者
  • 矢野 昌裕
  • 堀 清純
  • 松原 一樹
  • 山内 歌子
技術名称 植物の生長を制御する遺伝子Hd16およびその利用
技術概要 イネ品種日本晴とコシヒカリの間で検出された植物の生長を制御する遺伝子座(Hd16遺伝子座)の高精度連鎖解析を行い、Hd16の候補遺伝子を選定した。さらに、この絞り込んだ候補遺伝子が、実際に出穂に関して機能していることを確認するために相補性検定を行った。その結果、Hd16候補遺伝子として単離した遺伝子には到穂日数を調節する機能を有することが明らかとなり、さらに該当遺伝子を使用して出穂期および植物の生長を制御することが可能であることを見出した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-103758.gif
研究分野
  • 発生,成長,分化
  • 遺伝子の構造と化学
展開可能なシーズ 植物の生長を制御する新規遺伝子の提供、この遺伝子を利用した植物の生長の制御(開花期又は出穂期の改変)方法、及びこの遺伝子を標的とした、植物の感光性の強度の判定方法を提供する。
新規な感光性遺伝子を提供した。この遺伝子は植物の感光性を調節し、これにより植物の生長を制御する機能を有する。イネのような穂を有する植物においては、この遺伝子の発現や機能を調節することにより、出穂期を調節することができる。このため、この遺伝子は、特に栽培地域に適応したイネ品種の育成や栽培時期の調節に有用である。また、この遺伝子を用いるイネの品種育成は、短期間で高い確実性をもって目的の植物体を得ることができる点で、従来の方法より有利である。
用途利用分野 生長制御植物、出穂期調節イネ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 矢野 昌裕, 堀 清純, 松原 一樹, 山内 歌子, . 植物の生長を制御する遺伝子Hd16およびその利用. 特開2010-252645. 2010-11-11
  • C12N  15/09     
  • C12N   5/10     
  • A01H   5/00     
  • A01H   1/00     
  • C07K  14/415    
  • C07K  16/16     
  • C12Q   1/68     
  • C12P  21/02     

PAGE TOP