TOP > 技術シーズ検索 > 遺伝的に改変された細胞を製造する方法

遺伝的に改変された細胞を製造する方法

シーズコード S120009455
掲載日 2012年4月3日
研究者
  • 土岐 精一
  • 武田 俊一
  • 廣田 耕志
  • 刑部 敬史
技術名称 遺伝的に改変された細胞を製造する方法
技術概要 遺伝子的に改変された細胞を製造する方法であって、外因性のブルームDNAヘリカーゼおよび/またはエキソヌクレアーゼExo1を、二重鎖DNA切断による相同組み換えを生じさせたい所望の標的DNA部位を染色体上に持つ細胞内で発現または該細胞内に投与することを特徴とする方法である。この方法は、ブルームDNAヘリカーゼおよび/またはエキソヌクレアーゼExo1を利用することにより、先行技術から予測出来ないほど飛躍的に相同組み換えの頻度を向上させ、遺伝的に改変された細胞を効率的に製造することが可能であることを見出したことに基づいている。
研究分野
  • 細胞分裂・増殖
  • 遺伝子操作
展開可能なシーズ 二重鎖切断誘導による相同組み換えを利用して遺伝子的に改変された細胞を製造する手法において、二重鎖切断部位における相同組み換えの頻度を高める。
この方法は、外因性のブルームDNAヘリカーゼおよび/またはエキソヌクレアーゼExo1の使用により、これらを使用しない場合と比較して、相同組み換えの頻度を、好ましくは10倍以上、より好ましくは、30倍以上、さらに好ましくは、50倍以上、最も好ましくは100倍以上(例えば、150倍以上)、向上させることができる。遺伝子的に改変された細胞を製造する効率を飛躍的に高めることが可能となる。将来における、動物や植物の品種改良、あるいはヒトの遺伝子治療の進展において、大きく貢献するものと考えられる。
用途利用分野 細胞培養装置、動植物品種改良システム、遺伝子治療システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 土岐 精一, 武田 俊一, 廣田 耕志, 刑部 敬史, . 遺伝的に改変された細胞を製造する方法. 特開2011-015678. 2011-01-27
  • C12N  15/09     
  • C12N   5/10     
  • A01H   1/00     

PAGE TOP