TOP > 技術シーズ検索 > 光学活性な3-オキサビシクロ[3.3.0]オクタン骨格を有する化合物およびその使用

光学活性な3-オキサビシクロ[3.3.0]オクタン骨格を有する化合物およびその使用

シーズコード S120009457
掲載日 2012年4月3日
研究者
  • 若村 定男
  • 秋野 順治
  • 安居 拓恵
  • 安田 哲也
  • 深谷 緑
  • 小野 裕嗣
  • 河野 務
  • 清末 義信
  • 楢原 稔
技術名称 光学活性な3-オキサビシクロ[3.3.0]オクタン骨格を有する化合物およびその使用
技術概要 ゴマダラカミキリの雌性フェロモンが3つの化合物群によって構成され、驚くべきことに、その1群には極めて特徴的な光学活性な新規化合物群が含有されていることを見出し、当該物質の同定に成功するとともに、それらがゴマダラカミキリに対する優れた性刺激活性を有することを見出し、さらに研究を進めた結果、本発明を完成するに至った。ゴマダラカミキリ雌成虫の鞘翅のエーテル抽出物中の酢酸エチル画分に含まれる成分を含むゴマダラカミキリの性刺激剤であり、式I、式中、Rはメチル基であり、Rは式IIで表される基であり、破線部を含む二重結合は、単結合であることができる、で表される化合物。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-318779_1.gif thum_2003-318779_2.gif
研究分野
  • 昆虫・ダニによる植物被害
  • 酸素複素環化合物一般
展開可能なシーズ 3-オキサビシクロ[3.3.0]オクタン骨格を有する化合物およびその使用に関し、とくに該化合物を有効成分として含むゴマダラカミキリの防除あるいは発生予察のために有効な性刺激剤等の生理活性剤を提供する。
ゴマダラカミキリの性刺激剤によれば、ゴマダラカミキリの生殖行動を攪乱することによってゴマダラカミキリの生息個体数を低減せしめ、ゴマダラカミキリの防除を行うことができる。しかもゴマダラカミキリの性刺激剤によれば、防除対象害虫以外の生物に対する安全性を確保したままゴマダラカミキリの防除を行うことができる。また高付加価値を有する光学活性な生理活性物質の前駆体またはリード化合物を極めて簡便に得ることができる。
用途利用分野 ゴマダラカミキリ防除剤、光学活性な生理活性物質前駆体
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 若村 定男, 秋野 順治, 安居 拓恵, 安田 哲也, 深谷 緑, 小野 裕嗣, 河野 務, 清末 義信, 楢原 稔, . 光学活性な3-オキサビシクロ[3.3.0]オクタン骨格を有する化合物およびその使用. 特開2005-082559. 2005-03-31
  • C07D 307/93     
  • A01N  43/12     
  • A01P  19/00     

PAGE TOP