TOP > 技術シーズ検索 > 新規バクテリオシンを生産する乳酸菌及びそれを用いたサイレージ・発酵TMR飼料の製造方法

新規バクテリオシンを生産する乳酸菌及びそれを用いたサイレージ・発酵TMR飼料の製造方法

シーズコード S120009466
掲載日 2012年4月3日
研究者
  • 蔡 義民
  • 上垣 隆一
  • 小林 寿美
技術名称 新規バクテリオシンを生産する乳酸菌及びそれを用いたサイレージ・発酵TMR飼料の製造方法
技術概要 サイレージ、食品残さ、発酵リキッドおよびブタ・牛腸管から、発酵飼料中の有害微生物の増殖に対して優れた抑制作用を有する乳酸菌株の分離を行った。分離源のうち、イタリアンライグラスサイレージから、優れた抗菌活性を有する乳酸菌株である‘NAS62菌株’を選抜した。NAS62菌株は、エンテロコカス属の連鎖球菌であることが示された。NAS62菌株におけるバクテリオシン生産能を詳細に調べるため、抗菌活性を示した培養液上清からバクテリオシンを精製した。得られた3種類のバクテリオシンについて、抗菌スペクトル調べた。発酵飼料中に多く存在する、バチルス、乳酸菌、リステリア、黄色ブドウ球菌、大腸菌、サルモネラ、霊菌、緑濃菌に属する上記菌の全てについて抗菌活性を示すことから、広い抗菌スペクトルを有することが示された。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-189745.gif
研究分野
  • 微生物の接種・培養法
  • 代謝と栄養
展開可能なシーズ 日本において、牧草・飼料作物など粗飼料の生産量の約70%以上が、サイレージに調製・加工されている。しかし、飼料作物・牧草の‘自然発酵’に依存して調製されたサイレージの一部は、乳酸含量が低く、劣質となる酪酸型・酢酸型のものが多く、その嗜好性・採食量が優れたものではない。本発明は、長期貯蔵が可能であり且つ良質な発酵飼料(サイレージ、発酵TMR飼料)を、微生物を利用して製造する技術を提供する。また、廃棄率の低減とコスト削減に繋がる発酵飼料の製造技術を提供する。
有害微生物の増殖に対して優れた抑制作用を有し且つ良質な発酵飼料の製造に適した微生物を提供する。これにより、有害微生物が低減され、乳酸菌が増殖した発酵飼料を製造することを可能とする。
用途利用分野 乳酸菌株、微生物製剤、発酵飼料、発酵飼料製造システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 蔡 義民, 上垣 隆一, 小林 寿美, . 新規バクテリオシンを生産する乳酸菌及びそれを用いたサイレージ・発酵TMR飼料の製造方法. 特開2011-041474. 2011-03-03
  • C12N   1/20     
  • A23K   1/00     
  • A23K   3/02     
  • A23K   1/16     
  • C12N  15/09     
  • C07K  14/195    

PAGE TOP