TOP > 技術シーズ検索 > イメージングプレートX線回折装置

イメージングプレートX線回折装置

シーズコード S130009530
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 横沢 裕
  • 大橋 裕二
  • 佐々木 勝成
技術名称 イメージングプレートX線回折装置
技術概要 イメージングプレートX線回折装置は、X線光学系5とゴニオメータ1を備え、セットされた単結晶試料にX線回折を起こさせる手段と、試料のX線回折線を記憶できるように、鉛直方向に配置され、かつ、-60°~+144°の2θ測角範囲をカバーするとともに、CuKα線を用いたX線回折線測定を可能にした円筒状イメージングプレート21と、この円筒状イメージングプレート21の裏面の全面を支持する円筒状の移動台と、この移動台に支持された円筒状イメージングプレート21を鉛直方向に移送する移送手段と、移送された円筒状イメージングプレート21と同軸状に配置され、この円筒状イメージングプレート21の内周面のX線回折線データを読み取る回転式読み取り装置20とを備え、ゴニオメータ1が、円筒状イメージングプレート21の内側下部にX線光学系やイメージングプレート21と機械的干渉なく配置され、試料の軸を立てるようにしたものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-202980.gif
研究分野
  • X線回折法
展開可能なシーズ 2θ測角範囲が拡大され、高速、高分解能で、しかも使い勝手のよい省スペースタイプのイメージングプレートX線回折装置を提供する。
上記したゴニオメータ(1/4χゴニオメータ)によれば、試料としての結晶の軸を立てる場合、X線光学系やイメージングプレートとの機械的干渉がなく、結晶の軸を立てることができる。また、測角範囲は2θ=-60°~+144°と広い測角範囲を有しており、放射X線がMoKα線の場合は言うまでもなく、CuKα線の場合でも、ほぼ全空間のデータ収集と処理が可能である。また、CuKα線で0.83Å程度の分解能をカバーすることができる。
用途利用分野 X線回折装置、イメージングプレートX線回折装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 株式会社リガク, 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 横沢 裕, 大橋 裕二, 佐々木 勝成, . イメージングプレートX線回折装置. 特開2000-035407. 2000-02-02
  • G01N  23/20     

PAGE TOP