TOP > 技術シーズ検索 > アンモニウムイオン選択性配位分子およびイオンセンサ

アンモニウムイオン選択性配位分子およびイオンセンサ

シーズコード S130009533
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 鈴木 孝治
技術名称 アンモニウムイオン選択性配位分子およびイオンセンサ
技術概要 新規な置換‐クラウン‐6誘導体、酸素原子を6個有するクラウンエーテル類であって、そのクラウンエーテル類の炭素原子に結合する水素原子のうちの少なくとも4個が炭化水素基又は相互に隣接する炭素原子と共に環構造を形成する基によって置換されているクラウンエーテル誘導体からなるアンモニウムイオン用イオノフォア、それを用いたイオンセンサー、及び、イオン選択性電極に関する。図1にこの置換‐クラウン‐6を示す。式中R、R、R、R、R、R、R、R、R、R10は、それぞれ独立して水素原子又は置換基を示し、R及びR、R及びR、R及びR、R及びR、並びに、R及びR10は、互いに結合して隣接する炭素原子と環を形成してもよい。nは0~2の整数、mは1~3の整数、nとmの和は3である。但し、全てが同時に水素原子の場合を除く。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-242753.GIF
研究分野
  • 八員環以上の複素環化合物
  • 分析機器
展開可能なシーズ アンモニウムイオンに対する高感度で高選択性のイオノフォアを提供する。また、新規な置換‐クラウン‐6誘導体、それを含有するイオンセンサー、及び、イオン選択性電極を提供する。
置換‐クラウン‐6誘導体は、アンモニウムイオンに対して優れたイオン選択性を示すイオノフォアであり、また、イオノフォアとして充分な脂溶性を有すると共に、長期間使用しても再現性に優れ、イオンセンサーやイオン選択性電極に適用するイオノフォアとして有用である。
用途利用分野 イオン選択性電極、アンモニウムイオン捕捉剤、イオンセンサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 鈴木 孝治, . アンモニウムイオン選択性配位分子およびイオンセンサ. 特開2000-072767. 2000-03-07
  • C07D 323/00     
  • G01N  27/333    
  • G01N  27/416    

PAGE TOP