TOP > 技術シーズ検索 > ヒト正常型c―Ha―ras遺伝子トランスジェニックラット

ヒト正常型c―Ha―ras遺伝子トランスジェニックラット

シーズコード S130009560
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 津田 洋幸
  • 朝元 誠人
  • 鳥山 弘靖
  • 落谷 孝広
  • 関谷 剛男
技術名称 ヒト正常型c―Ha―ras遺伝子トランスジェニックラット
技術概要 ヒト正常型c-Ha-ras遺伝子(humanc-Ha-rasproto-oncogene)をSDラットの受精卵に導入して作出された、この遺伝子が3コピー導入されたMNU誘発乳腺がんに高感受性のトランスジェニックラットである。このラットを用いて、MNU投与により短期間で高頻度に乳腺がんを発生させる方法である。このラットを用いて、発がん性物質、発がんプロモーター、又は、がん予防・抑制物質をスクリーニングすることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-046594.gif
研究分野
  • 遺伝子操作
  • 実験用生物
  • 抗腫よう薬の基礎研究
展開可能なシーズ 正常型ヒトc-Ha-ras遺伝子を受精卵に導入したラットとその作成方法を提供する。
ヒト正常型c-Ha-ras遺伝子(humanc-Ha-rasproto-oncogene)トランスジェニックラットは高発癌性を示し、がん予防・抑制物質をスクリーニングすることができる。
用途利用分野 ヒト正常型c-Ha-ras遺伝子導入ラット、乳癌ラット、乳癌ラット作成技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 独立行政法人国立がん研究センター, . 津田 洋幸, 朝元 誠人, 鳥山 弘靖, 落谷 孝広, 関谷 剛男, . ヒト正常型c-Ha-ras遺伝子トランスジェニックラット. 特開平11-313575. 1999-11-16
  • A01K 67/027     
  • C12N  5/10      
  • C12N 15/09      
  • G01N 33/15      
  • C12N 15/09      
  • C12R  1:91

PAGE TOP