TOP > 技術シーズ検索 > 光ルーティング方法およびその装置

光ルーティング方法およびその装置

シーズコード S130009625
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 小西 毅
  • 一岡 芳樹
技術名称 光ルーティング方法およびその装置
技術概要 光ルーティング装置は、半透明鏡4などの光分離部材により、パケット信号に含まれる信号光を反射し、ヘッダ認識信号3を透過する、あるいはその逆を行うことにより、パケット信号を信号光とヘッダ認識信号とに分ける光学手段と、ヘッダ認識信号を回折格子により分散させ、円筒レンズ6によりフーリエ変換することにより、ヘッダ認識信号3のスペクトル分布を取得する光学手段と、予め用意しておいた光ルータで転送対象とするパケット信号のヘッダ信号部分と同一の振幅と位相を有するスペクトル分布が入射したときにのみ単一超短パルス光のスペクトル分布を再生するように設計され、取得したヘッダ認識信号のスペクトル分布が入射される空間フィルタと、再生されたスペクトル分布に対して円筒レンズにより逆フーリエ変換を行い、回折格子5により分散を補償することによって、単一超短パルス光を得て、それを制御光として出力する光学手段を備えている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2000-292871.gif
研究分野
  • 光通信方式・機器
展開可能なシーズ 光通信における光ルーティングに必要なヘッダ認識と信号の転送を超高速に行うことのできる、新しい光ルーティング方法およびその装置を提供する。
従来のような電気的な処理を行うことなく、光通信における光ルーティングに必要なヘッダ認識と信号の転送を超高速に行うことができる。
用途利用分野 光ルーティング装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 小西 毅, 一岡 芳樹, . 光ルーティング方法およびその装置. 特開2002-111584. 2002-04-12
  • H04B  10/02     
  • G02F   1/35     
  • H04Q   3/52     

PAGE TOP