TOP > 技術シーズ検索 > 受信装置、受信方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体

受信装置、受信方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体

シーズコード S130009743
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 梅野 健
技術名称 受信装置、受信方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体
技術概要 受信装置は、入力系列として受け付けた受信信号を受信側フィルタ部でフィルタ処理して拡散符号を生成し、この拡散符号を入力系列として受け付けてフィルタ処理して符号側フィルタ部から出力し、受信側フィルタ部のフィルタ処理の結果を符号側フィルタ部のフィルタ処理の結果に対して相関検波して伝送信号を得る。受信側フィルタ部と符号側フィルタ部とは、いずれも、所定の実インパルス定数r(-1≦r≦1)と所定の実数定数x(x≠0)と所定の遅延時間定数Dとを用いて、入力系列をフィルタ処理し、受け付けた入力系列を、それぞれ0、D、…、(N-1)D(Nは所定の正整数)だけ遅延させた複数の遅延済系列を出力する遅延部202と、この遅延されて出力された複数の遅延済系列のそれぞれを、遅延時間がTである場合、x(-r)N-T/D倍して増幅した複数の増幅済系列を出力する増幅部203と、この増幅部により増幅されて出力された複数の増幅済系列の総和を計算して、これをフィルタ処理の結果として出力する加算部204と、を備える。他に受信方法、プログラム、情報記録媒体の発明あり。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-045255.gif
研究分野
  • 通信方式一般
  • 変復調方式
展開可能なシーズ 無線通信技術においては、より分離性能が良好で、ユーザが増加してもBER(Bit Error Rate;ビット誤り率)が低い通信技術が常に求められている。そこで、複数の通信接続を同じ周波数帯に入れ込み、また、同じ周波数帯から所望の通信接続を分離することができる拡散変調を行うのに好適な受信装置、受信方法、これらをコンピュータにより実現するプログラム、ならびに、プログラムを記録したコンピュータ読取可能な情報記録媒体を提供する。
BERの低い通信が可能になり、特に、同じユーザキャパシティを有するW-CDMA用基地局の施設コストを、簡易なFIRフィルタを使うだけで1割から2割程度削減できるので、特にW-CDMAシステムの普及を促進する際に、極めて有効である。
用途利用分野 無線通信装置、携帯端末、情報処理装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 梅野 健, . 梅野 健, . 受信装置、受信方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体. 特開2003-249873. 2003-09-05
  • H04B  1/707     
  • H03H  17/02     
  • H03H  17/06     

PAGE TOP