TOP > 技術シーズ検索 > 有機無機複合生体材料およびその製造方法

有機無機複合生体材料およびその製造方法

シーズコード S130009745
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 田中 順三
  • 菊池 正紀
  • 伊藤 典一
  • 萬代 佳宣
技術名称 有機無機複合生体材料およびその製造方法
技術概要 本技術の有機無機複合生体材料は、コラーゲン、カルシウム塩、リン酸塩の濃度と送液速度を制御して、反応容器内のこれらの成分の濃度を最適化することにより、平均繊維長が60μm以上の長い繊維を有する「コラーゲンとハイドロキシアパタイトを含む複合体」が得られ、その長い繊維長により高い強度を有する。さらに、コラーゲンをグルタルアルデヒドにより架橋することで、その生分解性を制御でき、人工骨材に適した生体内分解速度と機械的強度を有する有機無機複合生体材料を製造することができる。なお、ハイドロキシアパタイトとコラーゲンは、重量比で、好ましくは70:30~85:15となるように存在することが好ましい。これはハイドロキシアパタイトとコラーゲンの重量比が、生体骨の組成(75:25)により近いことが自己組織化に重要であるからである。コラーゲンとしては、酵素可溶コラーゲンが好ましく、pHが7~11に保たれた反応容器中でコラーゲンの線維化が進み、自己組織化する。また、可溶化するための酵素としては、色々例示されるが、酵素反応後の処理の容易性からペプシン、プロナーゼが好適である。図1は製造装置の一例である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-065778.gif
研究分野
  • 医用素材
  • 合成鉱物
展開可能なシーズ コラーゲンとハイドロキシアパタイトの複合体から、自己組織化をより促進するための最適な条件を見出すとともに、人工骨材に適した機械的強度と生体内分解性を有する有機無機複合生体材料を提供する。
この生体材料は、平均繊維長が60μm以上の自己組織化に優れた有機無機複合生体材料が得られ、長い繊維と高い強度を有し、シート状、繊維がからみあった多孔体、あるいはスポンジ状に成形して用いることができる。また、架橋することにより、その機械的強度を保ちつつ、人工骨材に適した生体内分解速度が実現できる。
用途利用分野 人工骨材、人工補填材、人工生体材料
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 国立研究開発法人物質・材料研究機構, 新田ゼラチン株式会社, . 田中 順三, 菊池 正紀, 伊藤 典一, 萬代 佳宣, . 有機無機複合生体材料およびその製造方法. 特開2003-190271. 2003-07-08
  • A61L  27/00     

PAGE TOP