TOP > 技術シーズ検索 > 複眼画像入力装置

複眼画像入力装置

シーズコード S130009755
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 谷田 純
  • 宮崎 大介
  • 山田 憲嗣
  • 一岡 芳樹
技術名称 複眼画像入力装置
技術概要 本発明では,複数のマイクロレンズが配列されたマイクロレンズアレイにより,受光素子上に複数の物体縮小像を結像する複眼画像入力部が,湾曲面上に複数配置されるように構成される。すなわち、複数のマイクロレンズが配列されたマイクロレンズアレイにより,受光素子上に複数の物体縮小像を結像する複眼画像入力部Cを湾曲面4上に複数配置すると共に,受光素子を,各ユニット毎にクラスタ化すると共に,マイクロレンズに対して偏心して設けてなる複眼画像入力装置Bとして構成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-083714.gif
研究分野
  • 入出力装置
展開可能なシーズ 画像入力装置の更なる小型軽量化の要望に応じるものとして,昆虫の複眼構造を模倣した複眼画像入力装置が開発されている。しかし、従来の複眼画像入力装置では,マイクロレンズアレイと受光素子が平面状に形成されたものであるため,取得可能な画角は,マイクロレンズアレイによって定まる所定の画角にしかならない。この課題に鑑みて,複数のマイクロレンズを配列したマイクロレンズアレイにより,受光素子上に複数の物体縮小像を結像する複眼画像入力装置のうち,その画角を適切に定めることが可能であって,それにより解像度をより向上することが可能な複眼画像入力装置を提供することを目的とする。
受光素子上に結像する複眼画像入力部を,湾曲面上に複数配置することで,湾曲面上に複数配置された複眼画像入力部により得られる個眼像に基づいて再構成される再構成像は,湾曲面の湾曲度に応じた広い画角で取得された画像となる。これにより,使用者は,希望に応じて湾曲面の湾曲度を変化させることが可能となり,それに応じた任意の画角で画像情報を取得することが可能となり,複眼画像入力装置としての使用性が著しく向上する。
用途利用分野 複眼画像入力装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 谷田 純, 宮崎 大介, 山田 憲嗣, 一岡 芳樹, . 複眼画像入力装置. 特開2003-283932. 2003-10-03
  • H04N   5/335    

PAGE TOP