TOP > 技術シーズ検索 > 光ルーティング方法およびその装置

光ルーティング方法およびその装置

シーズコード S130009757
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 小西 毅
  • 一岡 芳樹
技術名称 光ルーティング方法およびその装置
技術概要 光ルーティング装置Aは,光信号で構成され,通信すべきデータを含むデータ信号と通信すべき転送経路に対応した周波数成分とを含むヘッダ認識信号とによって構成されるパケット信号の転送経路の選択を,光の信号のまま処理する。そして,上記パケット信号の一部を,上記パケット信号から分離する分光手段1と,上記一部の光信号を,時間軸方向に分散する第1の分散素子2と,分散された上記一部の光信号をフーリエ変換し,上記時間軸方向と直交する周波数方向へのスペクトル分布に変換するフーリエ変換光学系3と,上記スペクトル分布が入射され,転送対象とする特定の上記光信号の上記ヘッダ認識信号の周波数成分と同一の周波数成分を有するスペクトル分布が入射された場合にのみスペクトル分布を出力するヘッダ認識フィルタ4を上記周波数軸方向に複数配置した空間フィルタ群4と,空間フィルタ群4から出力されるスペクトル分布を,逆フーリエ変換する逆フーリエ変換光学系5とを具備している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-108642.gif
研究分野
  • 光通信方式・機器
展開可能なシーズ 光通信で伝送されてくる光信号の転送経路の選択を光信号処理のみによって高速に実現しうる光ルーティング方法,及びその装置であって,光ルーティング方法,及びその装置が選択しうる転送経路を,任意に拡張することが可能な光ルーティング方法,及びその装置を提供する。
光通信で伝送されてくる光信号を,高速に光信号処理すると共に,光ルーティング方法によって選択される転送経路を,空間垂直方向に複数配置されるヘッダ認識フィルタに応じて任意に拡張することが可能となり,実際の光通信において要求される転送経路(10以上であることが望ましい)に対応できる。
用途利用分野 光ルーティング装置、光通信ネットワーク
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 小西 毅, 一岡 芳樹, . 光ルーティング方法およびその装置. 特開2003-304201. 2003-10-24
  • H04B  10/02     
  • G02B   3/06     
  • G02B   5/32     
  • G02B  27/00     
  • G02B  27/46     

PAGE TOP