TOP > 技術シーズ検索 > 高活性光触媒およびその製造方法

高活性光触媒およびその製造方法

シーズコード S130009778
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 田路 和幸
  • 岸本 章
  • 新子 貴史
技術名称 高活性光触媒およびその製造方法
技術概要 カドミウム化合物を含有してなり、カプセル構造を有し、且つ白金を担持している平均粒径が100nm以下である光触媒であって、カプセル構造は、少なくともカドミウムとイオウを構成元素として含む超微粒子無機層からなる外殻と空洞からなり、超微粒子無機層は粒径1~10nmの光触媒活性を有する粒子からなる。カプセル構造を有し、且つ白金を担持している平均粒径は50nm以下で、カドミウム化合物が硫化カドミウムであることが好ましい。また、表面から内部にかけて貫通した孔を有し、孔を多数有している。この光触媒の製造方法は、亜硫酸ナトリウム溶液と硫化ナトリウム溶液との混合液に硝酸カドミウム溶液を添加混合し、生成した粒子懸濁液の粒子に白金を担持させることにより、光触媒を得る方法である。この方法において、水酸化ナトリウムを含有する溶液に硝酸カドミウム溶液を混合することにより水酸化カドミウム粒子の懸濁液を調製し、この水酸化カドミウム粒子の懸濁液にイオウを含むナトリウム化合物溶液を添加混合し、生成した粒子懸濁液の粒子に白金を担持させる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-184748.gif
研究分野
  • 光化学一般
  • 光化学反応
  • 環境衛生,公害対策一般
展開可能なシーズ 従来の光触媒技術は、硫化亜鉛(ZnS)からなる光触媒しか開示されていない。ZnSのバンドギャップは紫外光領域であるため、無限のクリーンエネルギーである太陽光等の可視光をそのまま光触媒反応に利用することができなかった。そこで、触媒活性が高く、毒性がなく、寿命が長く、可視光をそのまま光触媒反応に利用することができ、特に水素発生用に有用な光触媒およびその製造方法を提供する。
カドミウム化合物を含有してなるものであるため、その光触媒反応に無限のクリーンな自然エネルギーである太陽光等の可視光をそのまま利用することができ、かつ毒性がなく、寿命も長いものである。カドミウム化合物を含有して成る外殻と空洞を有したカプセル構造をしており、このカドミウム化合物を含有してなるカプセル外殻の外側面と内側面との間に電界が存在し、太陽光等の可視光照射によって生じた自由電子と自由ホールの再結合が減少し、酸化反応生成物と還元反応生成物との再結合も減少し、高い触媒活性を得ることができる。この光触媒は、特に水素発生用に有用である。
用途利用分野 水素発生装置、環境浄化材料
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 日鉄鉱業株式会社, 独立行政法人科学技術振興機構, . 田路 和幸, 岸本 章, 新子 貴史, . 高活性光触媒およびその製造方法. 特開2004-025032. 2004-01-29
  • B01J  27/045    
  • B01J  35/02     

PAGE TOP