TOP > 技術シーズ検索 > 電磁環境解析方法、電磁環境解析プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体

電磁環境解析方法、電磁環境解析プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体

シーズコード S130009781
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 井上 浩
  • 春日 貴志
  • 田中 元志
技術名称 電磁環境解析方法、電磁環境解析プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体
技術概要 処理部は、電磁界の発生源が含まれる第1のセルサイズで分割された内部解析空間で電磁界をFDTD法により第1の時間ステップで計算し、計算された内部解析空間の電磁界と、第1のセルサイズのR倍(Rは2以上の整数)の第2のセルサイズで分割された外部解析空間との変換面上での電磁界とを記憶部に保存する内部解析ステップとから構成される。さらに外部解析ステップにより、処理部は、変換面での電磁界を記憶部から読み込み、外部解析空間で電磁界をFDTD法により、第1の時間ステップのR倍の第2の時間ステップで計算し、計算された外部解析空間の電磁界を記憶部に記憶する。各ステップをコンピュータに実行させるための電磁環境解析プログラム及びそのプログラムを記録したコンピュータ読取り可能な記録媒体を提供する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-197574.gif
研究分野
  • 計算機シミュレーション
  • 電磁気学一般
展開可能なシーズ 電磁界シミュレーション法である有限差分時間領域法(Finite Difference Time Domain:FDTD法)において、大規模なFDTDシミュレーションを簡略化し、計算時間やメモリを削減する。また、広範囲の計算、もしくは非常に微細なモデルの電磁界解析を提供する。
大規模なFDTDシミュレーションを簡略化し、計算時間やメモリを削減することができる。また、特に二つ以上のセルサイズの異なる解析空間(例えば、二つなら内部解析空間と外部解析空間)を用い、二つ以上の解析空間における電磁界解析はお互いに独立した計算を行うことにより、広範囲の計算、もしくは非常に微細なモデルの電磁界解析を行うことができる。
用途利用分野 電磁環境解析プログラム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 井上 浩, 春日 貴志, 田中 元志, . 電磁環境解析方法、電磁環境解析プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体. 特開2004-038774. 2004-02-05
  • G06F  17/13     
  • G06F  19/00     
  • G06F  17/50     
  • G01R  29/08     

PAGE TOP