TOP > 技術シーズ検索 > 深穴加工装置および深穴加工方法、深穴評価装置および深穴評価方法ならびに位置ずれ評価方法、深穴加工装置および深穴評価装置の光軸調整装置、光軸調整方法

深穴加工装置および深穴加工方法、深穴評価装置および深穴評価方法ならびに位置ずれ評価方法、深穴加工装置および深穴評価装置の光軸調整装置、光軸調整方法

シーズコード S130009793
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 甲木 昭雄
  • 鬼鞍 宏▲猷▼
  • 佐島 隆生
技術名称 深穴加工装置および深穴加工方法、深穴評価装置および深穴評価方法ならびに位置ずれ評価方法、深穴加工装置および深穴評価装置の光軸調整装置、光軸調整方法
技術概要 深穴加工装置は、下穴3を設けた被加工物4に対して、ボーリングバー1aを介して深穴加工工具5aに回転与え、深穴加工工具5aの先端部分を回転させながら、被加工物4を固定したテーブル6を深穴加工工具5aに向けて前進させ深穴加工を行う。深穴加工工具5aは切刃8aを備え、加工中に回転する先端部分と、加工中の深穴加工工具5aの正常位置からの位置ずれを修正する圧電アクチュエータ15を備えたアクチュエータ保持部を含む。アクチュエータ保持部は加工中回転しない。ボーリングバー1aの内部は中空で、中空部分を通してボーリングバー1aの深穴加工工具5aと接続された側とは反対側の端部に接続された吸引装置11に切り屑を排出する。さらに、深穴加工工具5aとボーリングバー1aとは、カップリング2を介して接続され、深穴加工装置10aは、深穴加工工具5aの変位検出用の半導体レーザ12および2次元PSD(位置ずれ検出手段)13、14、ミラー19、ビームスプリッタ21を備え、深穴加工工具5aの姿勢が乱れた場合、深穴加工工具5aの側面に備えられた圧電アクチュエータ(位置ずれ修正手段)15によって適正な姿勢に修正する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-259323.GIF
研究分野
  • 切削
  • 長さ,面積,断面,体積,容積,角度の計測法・機器
展開可能なシーズ 穴深さ/穴径の比が大きい穴の加工、いわゆる深穴加工に用いられる深穴加工工具および深穴加工方法が提案されている。しかし、深穴加工工具の位置ずれが生じやすいとか、高精度の深穴加工を行うことができない、などの問題点がある。本発明は、高精度な深穴加工深穴評価が可能な深穴加工装置および深穴加工方法、深穴評価装置ならびに位置ずれ評価方法、深穴評価方法、深穴加工装置および深穴評価装置の光軸調整装置および光軸調整方法を提供する。
深穴加工工具のローリングを抑え、回転軸の中心軸方向の荷重に対する剛性を回転軸に持たせることができる接続手段を備えているため、位置ずれ検出手段により検出された深穴加工工具の加工中の正常位置からの位置ずれを、適正に修正しながら深穴加工を行うことができる。
用途利用分野 深穴加工装置、深穴評価装置、深穴加工装置、光軸調整装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 甲木 昭雄, 鬼鞍 宏▲猷▼, 佐島 隆生, . 深穴加工装置および深穴加工方法、深穴評価装置および深穴評価方法ならびに位置ずれ評価方法、深穴加工装置および深穴評価装置の光軸調整装置、光軸調整方法. 特開2003-159607. 2003-06-03
  • B23B  41/02     
  • B23B  49/00     
  • B23Q  17/24     
  • G01B  11/00     
  • G01B  11/26     
  • G01B  21/00     
  • G01B  21/22     

PAGE TOP