TOP > 技術シーズ検索 > 電気化学的多検体分析方法

電気化学的多検体分析方法

シーズコード S130009796
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 青柳 重夫
  • 松平 昌昭
  • 内海 陽介
  • 珠玖 仁
  • 白石 卓夫
  • 末永 智一
  • 阿部 宏之
  • 星 宏良
技術名称 電気化学的多検体分析方法
技術概要 電気化学的多検体分析方法は、セルの基台に形成された逆円錐形状のウェル内に配置された試料とこの試料を取り囲むセル内の溶液間に物質収支が存在する場合に、逆円錐形状のウェル内に形成された計測対象物の不均一な濃度分布を計測することにより、試料-溶液間の物質移動速度を定量するものである。この方法では、計測対象物を測定する際に、複数のウェルを有するセルを用いる。また、この計測対象物の濃度勾配がウェル内部にのみ存在し、複数のウェル間の物質移動が存在しないように構成されたウェルを用いる。この電気化学的多検体分析セルにおいては、ウェル4に試料が配置され、これらの複数のウェル4に共通する計測溶液(計測溶液で電気的に短絡される)5が与えられるとともに、一対(微小電流計測用の作用極および参照極/対極)の電気化学計測装置系が設けられる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-272822.gif
研究分野
  • 電気化学一般
展開可能なシーズ ウェル内に形成された計測対象物の不均一な濃度分布を計測することにより、試料-溶液間の物質移動速度を定量することができる電気化学的多検体分析方法を提供する。
複数のウェル内に配置された試料と試料を取り囲む溶液間に物質収支が存在する場合に、ウェル内に形成された計測対象物の不均一な濃度分布を計測することにより、試 料-溶液間の物質移動速度を定量することができる。多数配列された計測対象物容器の一つ一つ連続的に計測することができる。さらに、哺乳動物胚の呼吸計測に際し、操作性の向上を図り、胚1個あたりの計測に要する時間を大幅に短縮することができる。
用途利用分野 電気化学的多検体分析装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, 北斗電工株式会社, . 青柳 重夫, 松平 昌昭, 内海 陽介, 珠玖 仁, 白石 卓夫, 末永 智一, 阿部 宏之, 星 宏良, . 電気化学的多検体分析方法. 特開2004-108971. 2004-04-08
  • G01N  27/416    
  • G01N  27/28     

PAGE TOP