TOP > 技術シーズ検索 > 金属部品等の表面改質および洗浄方法およびその装置

金属部品等の表面改質および洗浄方法およびその装置

シーズコード S130009797
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 祖山 均
技術名称 金属部品等の表面改質および洗浄方法およびその装置
技術概要 被加工物Wを第1容器1内に入れたあと、開閉可能な蓋2によって密閉し、ノズル4から高圧水を噴出して、噴流まわりにキャビテ-ション9を発生させて、キャビテ-ション気泡を被加工物Wに当てる。キャビテ-ション気泡の圧潰衝撃力が被加工面に作用して、被加工面の加工硬化、残留応力改善、疲労強度向上などをもたらす。キャビテ-ション気泡9の圧潰衝撃力を増大させるために、ノズル4から第1容器1に流入する加圧水の流量を流量制御弁6でまた第1容器1から流出する流量を圧力制御弁8によって制御し、第1容器1内の加圧液圧を制御する。また、第1容器1に気相部分があると、気相部分が加圧水により圧縮されるために、加圧するために一定時間を要する。このため、第1容器1を短時間で加圧するために第2容器3の深さを深くし、第2容器3に充満した液体の圧力で第1容器1に所定の圧力を与えておく。これにより第1容器1内を短時間で加圧し、第1容器1内の気相部分を短時間で極力少なくすることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-280391.GIF
研究分野
  • 研削
  • 表面処理
展開可能なシーズ ショットピ-ニングを用いて各種金属部品の表面改質が行われているが、表面改質の点で満足しうる加工能力を得ていない。水またはオイル等の液体で満たした槽に設置した被加工物にキャビテ-ション噴流を噴射して加工し、キャビテ-ション噴流の加工能力を増大させるために被加工物を設置した槽を加圧し、短時間で被加工物を設置した槽を加圧制御することにより、金属部品等の表面改質および洗浄方法およびその装置を提供する。
加圧する第1容器1の気相部分を極力小さく出来るので、第1容器1を加圧するのに要する時間を短縮出来る。また、第1容器1を加圧しない場合に比べて、残留応力を大きく改善でき、疲労強度も改善できる、圧縮残留応力を被加工面の表面から奥深くまで入れられる、加圧しない場合に比べて、加工効率が高い(短時間で行える)、被加工物表面を加工硬化できる等の効果を奏することができる。
用途利用分野 表面改質装置、表面洗浄装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 祖山 均, . 金属部品等の表面改質および洗浄方法およびその装置. 特開2003-145357. 2003-05-20
  • B23P  17/00     
  • B08B   3/02     
  • B08B   3/04     
  • B08B   3/10     
  • B08B   7/00     
  • B08B   7/04     
  • B08B   9/032    

PAGE TOP