TOP > 技術シーズ検索 > 2次元フォトニック結晶スラブ及びこれを用いた光デバイス

2次元フォトニック結晶スラブ及びこれを用いた光デバイス

シーズコード S130009832
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 北川 均
  • 野田 進
  • 浅野 卓
技術名称 2次元フォトニック結晶スラブ及びこれを用いた光デバイス
技術概要 この2次元フォトニック結晶導波路10は、2次元フォトニック結晶スラブ10aに、このフォトニック結晶の周期的配列を乱す線状欠陥22が形成され、この線状欠陥22が光を通過させる導波路とされ、導波路22の近傍にフォトニック結晶の周期的配列を乱す点状欠陥24が形成されたものである。スラブ10aは、TE-likeモードとTM-likeモードの両モードの光に対して共通のフォトニックバンドギャップを有する。スラブ10aの構造としては、高屈折率材料からなるスラブ材11に、このスラブ材11よりも低屈折率材料からなる領域15が三角格子状に配列されることにより、スラブ材11に低屈折率材料領域15が周期的に配列されて屈折率分布が形成されたものである。スラブ材11としては高屈折率材料が用いられ、例えば、InGaAsP、GaAs、In、Ga、他、のうちから選択される1種または2種以上を含む材料、Si等の無機材料、無機半導体材料、有機材料のうちから適宜選択して用いられる。低屈折率材料領域15に用いる材料は、スラブ材11を構成する高屈折率材料よりも屈折率が低い低屈折率材料が用いられ、空気も用いられている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-083235.gif
研究分野
  • 光導波路,光ファイバ,繊維光学
  • 光物性
  • 金属の結晶構造
展開可能なシーズ TE-likeモードとTM-likeモードの両モードの光に対して共通のフォトニックバンドギャップを有する2次元フォトニック結晶スラブを提供する。また、この2次元フォトニック結晶スラブを備え、特定波長の光の取り出し効率を向上できる2次元フォトニック結晶導波路を提供する。さらにまた、この2次元フォトニック結晶導波路が備えられた光デバイスを提供する。
この2次元フォトニック結晶スラブによれば、TE-likeモードとTM-likeモードの両モードの光に対して共通のフォトニックバンドギャップを有する2次元フォトニック結晶スラブを実現できる。また、この2次元フォトニック結晶導波路によれば、特定波長の光の取り出し効率を向上できる。
用途利用分野 2次元フォトニック結晶スラブ、光デバイス、2次元フォトニック結晶導波路、微小光回路素子、波長分波器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) アルプス電気株式会社, 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 北川 均, 野田 進, 浅野 卓, . 2次元フォトニック結晶スラブ及びこれを用いた光デバイス. 特開2004-294517. 2004-10-21
  • G02B   6/12     

PAGE TOP