TOP > 技術シーズ検索 > ハイドロキシアパタイト複合体およびその製造方法、ならびに、それを用いた医療用材料

ハイドロキシアパタイト複合体およびその製造方法、ならびに、それを用いた医療用材料

シーズコード S130009840
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 古薗 勉
  • 岸田 晶夫
  • 田中 順三
  • 松田 篤
技術名称 ハイドロキシアパタイト複合体およびその製造方法、ならびに、それを用いた医療用材料
技術概要 ハイドロキシアパタイト焼結体粒子をトルエン・メタノールの混合溶媒に分散させ、その中に、直径が1.5cmのMOI-BM-g-SFを浸漬させる。MOI-BM-g-SFを取り出して、洗浄した後で、140℃、20分、真空条件でカップリング反応を行う。反応後、得られた反応物を蒸留水に浸漬して、プローブ型超音波発生装置にて、3分間処理して、未反応のハイドロキシアパタイト焼結体粒子を除去することにより、ハイドロキシアパタイト複合体を得る。得られたハイドロキシアパタイト複合体を走査型電子顕微鏡にて観察する。その結果を図に示す。ハイドロキシアパタイト焼結体粒子がSF繊維の表面に結合していることが分かる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-122961.GIF
研究分野
  • 高分子と低分子との反応
展開可能なシーズ ハイドロキシアパタイト焼結体と高分子基材とが化学結合してなるハイドロキシアパタイト複合体の製造技術において、高分子基材に、イソシアネート基およびアルコキシシリル基からなる群より選ばれる官能基を導入する導入工程と高分子基材の官能基と、ハイドロキシアパタイト焼結体とを反応させる反応工程を含むハイドロキシアパタイト複合体、高分子基材が、医療用高分子材料であることを特徴とするハイドロキシアパタイト複合体の製造技術を提供する。
高分子基材として、医療用高分子材料を用いることにより、生体適合性が高いハイドロキシアパタイト複合体を製造することができる。ハイドロキシアパタイト複合体を用いて構成されているので、生体活性が高く、信頼性のより一層向上した医療用材料を提供することができる。
用途利用分野 ハイドロキシアパタイト複合体、ハイドロキシアパタイト複合体製造技術、ハイドロキシアパタイト複合体医療用材料、ハイドロキシアパタイト複合体医療用材料製造技術、
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 国立研究開発法人物質・材料研究機構, 国立研究開発法人国立循環器病研究センター, . 古薗 勉, 岸田 晶夫, 田中 順三, 松田 篤, . ハイドロキシアパタイト複合体およびその製造方法、ならびに、それを用いた医療用材料. 特開2004-051952. 2004-02-19
  • C08J   7/06     
  • D06M  11/71     
  • A61L  27/00     

PAGE TOP