TOP > 技術シーズ検索 > 血液透析用非穿刺型ブラッドアクセス

血液透析用非穿刺型ブラッドアクセス

シーズコード S130009868
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 川村 明夫
技術名称 血液透析用非穿刺型ブラッドアクセス
技術概要 ブラッドアクセス10は、細長い本体20とシャッター部材30とシャッターカバー40とキャップ50とを備えている。ブラッドアクセス10を構成する細長い本体20は、その上部に、内部にシャッター部材30を支持するためのウェル21を構成するほぼ垂直方向上方に延びた周壁22が設けられており、その下部に、本体の長さ方向に延びた貫通孔23が設けられ、貫通孔23の両端において、人工血管12U,12Dに吻合・連結するための円筒状のポート24U,24Dが設けられている。ポート24U,24Dには、嵌め込まれた人工血管12U,12Dが外れないように、凹凸25U,25Dが形成されている。ウェル底部21Bには貫通孔23に連通する、透析装置に血液を送出するための血液流出孔26Uと、透析後の血液を還流するための血液流入孔26Dが設けられている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-342702_1.gif thum_2003-342702_2.gif
研究分野
  • 医療用品
展開可能なシーズ 穿刺する必要がなく、構造が簡単で比較的廉価であり、取扱いが容易で介助者が不要であり、血液透析中であっても簡単な軽作業を行うことができ、ブラッドアクセス使用における違和感が少なく、ブラッドアクセスの洗浄が容易で長期間にわたり使用することができる血液透析用ブラッドアクセスを提供する。
血液透析時に血液が漏れるおそれがないように、血管と透析器とを連通させることができるので、介助者なしに血液透析を行うことが可能になる。また、本体の構造が簡単であるため、患者に穿刺の苦痛を与えることなしに、比較的廉価で取扱いが容易である。
用途利用分野 血液透析用非穿刺型ブラッドアクセス
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 川村 明夫, 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 川村 明夫, . 血液透析用非穿刺型ブラッドアクセス. 特開2004-195203. 2004-07-15
  • A61M   1/14     

PAGE TOP