TOP > 技術シーズ検索 > 小動物用心拍・呼吸数検出機能付き体温保持装置及びそれを用いた小動物用心拍・呼吸数測定システム

小動物用心拍・呼吸数検出機能付き体温保持装置及びそれを用いた小動物用心拍・呼吸数測定システム

シーズコード S130009888
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 佐藤 紳一
  • 山田 勝也
  • 稲垣 暢也
技術名称 小動物用心拍・呼吸数検出機能付き体温保持装置及びそれを用いた小動物用心拍・呼吸数測定システム
技術概要 小動物用心拍・呼吸数検出機能付き体温保持装置において、平板状発熱装置と、この平板状発熱装置上に配置される薄い絶縁性シート間に挟まれた感圧センサーと、前記薄い絶縁性シート間に配置されるスペーサーと、そのスペーサー上に搭載される温度センサーとを具備する。小動物を体温保持用ヒーター上に置くとき小動物の胸部(心臓直下)が覆う部分のヒーター表面に、薄い平板型の感圧センサーを配置して、その感圧センサーに接する小動物の呼吸と心拍による振動(圧力変化)を検出し、呼吸数と心拍数を監視することができる。すなわち、体温保持ヒーター表面に呼吸数と心拍数を検出する装置を、組込み一体型とし、小動物の体温を維持するとともに呼吸数と心拍数を監視することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-567168.gif
研究分野
  • 生体計測
展開可能なシーズ 動物に痛みを与えることなく、簡便、かつ容易にセット可能な小動物用心拍・呼吸数検出機能付き体温保持装置及びそれを用いた小動物用心拍・呼吸数測定システムを提供する。
小動物用心拍・呼吸数検出機能付き体温保持装置の上に小動物を置くだけで、小動物の体温維持のみならずノイズや小動物の心拍信号のパターン変化に左右されずに呼吸数や心拍数を監視することができる。これは、従来必要であった心電図用電極の装着と配線、そして装置の調整の手間と時間を皆無にすることができる画期的な装置である。
用途利用分野 小動物用心拍・呼吸数測定装置、小動物用心拍・呼吸数測定技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 佐藤 紳一, 山田 勝也, 稲垣 暢也, . 小動物用心拍・呼吸数検出機能付き体温保持装置及びそれを用いた小動物用心拍・呼吸数測定システム. . 2005-06-02
  • A01K  67/00     
  • A01K   1/015    
  • A61D   1/00     

PAGE TOP