TOP > 技術シーズ検索 > 差動式表面プラズモン共鳴現象測定装置及びその測定方法

差動式表面プラズモン共鳴現象測定装置及びその測定方法

シーズコード S130009895
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 今任 稔彦
  • 浅野 泰一
技術名称 差動式表面プラズモン共鳴現象測定装置及びその測定方法
技術概要 差動式表面プラズモン共鳴現象測定装置は、入射光41の入射角が共鳴角を含んだ前後の角度になるような入射光学系と、一束の入射光41の照射範囲にプリズム42に蒸着した薄膜上の試料溶液固定部と参照溶液固定部がともに含まれるように配置される試料セット装置と、試料溶液固定部と参照溶液固定部からの反射光をそれぞれ分離し、それらの反射光の向きを変え1ライン上に投影する複数個のミラーを具備する投影光学系と、反射光を1ライン上のCCDで受光するリニアCCDセンサ56とを具備する。また、この測定装置では、複数個のミラーは、試料溶液固定部からの反射光を第1の角度で反射する第1のミラーと、参照溶液固定部からの反射光を第2の角度で反射する第2のミラーとを具備する。測定装置において、前記プリズムの上に該プリズムとその屈折率を整合させた粘着力を持つ光インターフェイス粘着膜を具備する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-029060.gif
研究分野
  • 固体プラズマ
展開可能なシーズ 安価・小型のうえ操作に熟練を要しないユビキタスな計測器として構築される差動式表面プラズモン共鳴現象測定装置及びその測定方法を提供する。
複合型センサセルの採用により真の意味で表面プラズモン共鳴現象のリアルタイム計測という利点を機器として具現化したもので、小型であり、外乱に強く、操作は極めて簡便である。
用途利用分野 差動式表面プラズモン共鳴現象測定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 今任 稔彦, 浅野 泰一, . 差動式表面プラズモン共鳴現象測定装置及びその測定方法. 特開2004-340922. 2004-12-02
  • G01N  21/27     

PAGE TOP