TOP > 技術シーズ検索 > プレゼンテーションシステム

プレゼンテーションシステム

シーズコード S130009901
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 渡辺 富夫
技術名称 プレゼンテーションシステム
技術概要 発表内容の原映像の画像を生成させる画像生成部15と、発表者の音声を外部から入力させる音声入力部11と、発表者に代わって発表者として振る舞う話し手キャラクタの動画とを備える。さらに、表示映像を見る聴講者に代わって聴講者として振る舞う聞き手キャラクタの動画とを生成するキャラクタ生成部12と、話し手キャラクタの動画及び聞き手キャラクタの動画と原映像の画像とを合成し、原映像の画像中に話し手キャラクタと聞き手キャラクタとが表示される表示映像の画像を生成する映像合成部13と、表示映像の画像を表示画面へ出力する映像出力部14とから構成する。キャラクタ生成部は、発表者の音声の移動平均により算出される話し手動作予測値が話し手動作閾値を超えた時点を、発表者として振る舞う身体動作をする話し手キャラクタの話し手動作タイミングとして算出し、また聞き手動作予測値が予め定めた聞き手動作閾値を超えた時点を、聴講者として振る舞う身体動作をする聞き手キャラクタの聞き手動作タイミングとして算出して、発表者として話し手動作タイミングで身体動作をする話し手キャラクタの動画と、聴講者としても聞き手キャラクタの動画とを生成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-097927.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • 入出力装置
展開可能なシーズ 発表内容の映像と身体的引き込み現象をもたらすキャラクタとを合成することにより、プレゼンテーションの表示画面に表示される発表内容の映像を見る不特定又は多数の聴講者に、映像に対する身体的引き込み現象をもたらすプレゼンテーションシステムを提供する。
話し手キャラクタ又は聞き手キャラクタにより発表者又は聴講者にもたらされる身体的引き込み現象によって、発表者にとっては話しやすく、聴講者にとっては聞きやすいプレゼンテーションを実現できる。
用途利用分野 プレゼンテーションシステム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人岡山県立大学, 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 渡辺 富夫, . プレゼンテーションシステム. 特開2005-284727. 2005-10-13
  • G06T  15/70     
  • G09G   5/00     
  • G09G   5/377    

PAGE TOP