TOP > 技術シーズ検索 > 画像からの対象物検出方法及び対象物検出装置

画像からの対象物検出方法及び対象物検出装置

シーズコード S130010011
掲載日 2013年6月5日
研究者
  • 伊藤 啓
  • 島田 尚
技術名称 画像からの対象物検出方法及び対象物検出装置
技術概要 複数の画素の集合として表現される/表現され得る画像において、画像から対象物を検出する方法である。画像データを格納する記憶部と、画像データに基づいて画像を表示する表示部と、画像を構成する各画素のスコア算出手段と、画像中に排他的領域を配置する手段と、配置された排他的領域から対象物を検出する手段を有する。先ず、着目画素を含む所定領域内の複数の画素の画素値に基づいて算出した所定領域の特徴値を着目画素のスコアとし、画像における各画素についてスコアを算出するする。算出されたスコアの大きさ順に画素を選択し、選択された画素1から順に所定領域と同一あるいは近似の領域を排他的領域2として画像中に配置する。そして、配置された一つあるいは複数の排他的領域の少なくとも一部を対象物として検出する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-516098.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • 細胞学一般
展開可能なシーズ 画像の質や種類等に影響を受け難いロバストな対象物検出方法によって、画像から良好に対象物を検出し、もって、対象物の位置あるいは/および個数を求めることを目的とする。特に、細胞画像から細胞の位置あるいは/および個数を求めることができるようにする。
対象物を含む2次元画像あるいは3次元画像等の画像から対象物の位置および/あるいは数を良好に計測することができる。
用途利用分野 対象物検出装置、細胞の位置と数の自動計測システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 国立大学法人 東京大学, . 伊藤 啓, 島田 尚, . 画像からの対象物検出方法及び対象物検出装置. . 2007-12-13
  • G06T   7/60     
  • G06T   1/00     
  • C12M   1/34     
  • C12Q   1/02     
  • G01N  15/02     

PAGE TOP