TOP > 技術シーズ検索 > 植物の品種改良の時間を短縮するための方法及びキット

植物の品種改良の時間を短縮するための方法及びキット

シーズコード S130010021
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 後藤 弘爾
技術名称 植物の品種改良の時間を短縮するための方法及びキット
技術概要 FT遺伝子が導入されている形質転換体植物である台木に非形質転換体植物を穂木として接ぎ木する工程および穂木が台木に接ぎ木された状態で交配する工程を包含することを特徴とする植物の品種改良の時間を短縮する方法である。FT遺伝子を導入して形質転換体植物を作製する工程をさらに包含することを特徴とする方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-023501.gif
研究分野
  • 作物の品種改良
  • 遺伝子操作
展開可能なシーズ 植物の品種改良を効率よく行うための方法及びキットであり、FT遺伝子が導入された形質転換体植物を用いる植物の品種改良の時間を短縮するための方法及びキットを提供する。
開花促進効果を有しているFT形質転換体を台木として接ぎ木栽培した穂木にて交配させることにより、品種改良の時間を短縮することができ、農作物の生産に大いに貢献することができる。またFT形質転換体の開花促進効果を穂木に首尾よく伝播させることができ、種子を短期間で取得することができる。さらに、開花促進効果を有しているFT形質転換体を台木として接ぎ木栽培すると、FT形質転換体から得られる種子とは異なり、導入遺伝子が含まれない種子を取得できる。
用途利用分野 FT遺伝子を使用する植物品種改良キット、FT遺伝子を使用する植物品種改良技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 岡山県, . 後藤 弘爾, . 植物の品種改良の時間を短縮するための方法及びキット. 特開2007-202441. 2007-08-16
  • A01H   1/02     
  • C12N  15/09     
  • A01H   1/00     
  • A01G   1/06     

PAGE TOP