TOP > 技術シーズ検索 > 一次元モット絶縁体、一次元モット絶縁体薄膜及びそれらの製造方法

一次元モット絶縁体、一次元モット絶縁体薄膜及びそれらの製造方法

シーズコード S130010034
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 山下 正廣
  • 岡本 博
  • 大津 英揮
  • 松▲崎▼ 弘幸
  • 田尾 祥一
  • 宮越 達三
  • 高石 慎也
技術名称 一次元モット絶縁体、一次元モット絶縁体薄膜及びそれらの製造方法
技術概要 図は、一次元モット絶縁体1の一次元鎖部分及び配位子部分を模式的に示す。一次元モット絶縁体1は、Ni3+イオンとXイオンとが交互に結晶b軸に沿って配置された一次元鎖構造を有し、ジアミノアルカンから成る配位子2が、各々のNi3+イオンに2つ配位した構造を有しており、2つのジアミノアルカンから成る配位子2は、結晶b軸に垂直な面内で配位している。その製造方法は、NiX(ただし、Xはハロゲン化物イオン)粉末と1、2-ジアミノアルカンの粉末とをアルコールに溶かした溶液を空気中、室温で放置してアルコールを蒸発させることにより、NiII(ビス-1、2-ジアミノアルカン)からなる微結晶を沈殿させる工程と、この微結晶をアルコールに分散させた縣濁液に、Xから成るガスを吹き込んで、〔NiIII(ビス-1、2-ジアミノアルカン)X〕Xからなる微結晶を沈殿させる工程と、この微結晶を濾過して取り出す工程とから成る。また、一次元モット絶縁体薄膜は、この一次元モット絶縁体1をポリマー中に分散させた薄膜である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-082966.gif
研究分野
  • 固体デバイス材料
  • 有機化合物の薄膜
  • 絶縁体結晶の電子構造
展開可能なシーズ 大きな三次の非線形光学定数を有し、且つ、薄膜化できる新たな一次元モット絶縁体、この一次元モット絶縁体を用いた一次元モット絶縁体薄膜、この一次元モット絶縁体の製造方法、さらにこの一次元モット絶縁体を用いた一次元モット絶縁体薄膜の製造方法を提供する。
この一次元モット絶縁体は、極めて大きな三次の非線形光学効果を有するので、全光型デバイス用材料として使用することができる。また、この一次元モット絶縁体薄膜は、極めて大きな三次の非線形光学効果を有する薄膜であるので、小型の全光型デバイス用材料として使用できる。また、この一次元モット絶縁体の製造方法によれば、この一次元モット絶縁体を製造することができる。さらに、この一次元モット絶縁体薄膜の製造方法によれば、この一次元モット絶縁体薄膜を製造することができる。
用途利用分野 一次元モット絶縁体、一次元モット絶縁体薄膜、全光型デバイス用材料、光方向性結合器、吸収型on-off光スイッチングデバイス、光双安定デバイス、マッハツェンダー型光スイッチングデバイス
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 山下 正廣, 岡本 博, 大津 英揮, 松▲崎▼ 弘幸, 田尾 祥一, 宮越 達三, 高石 慎也, . 一次元モット絶縁体、一次元モット絶縁体薄膜及びそれらの製造方法. 特開2007-256775. 2007-10-04
  • G02F   1/361    

PAGE TOP