TOP > 技術シーズ検索 > 車両用シミュレーションモデル作成装置

車両用シミュレーションモデル作成装置

シーズコード S130010076
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 長松 昭男
技術名称 車両用シミュレーションモデル作成装置
技術概要 まず、複数の機能部品により構成されるシミュレーション対象としての車両に対応するモデル#11が作成される。この車両モデルは、車両を構成する各種部品をシステム要素としてそれぞれモデル化し、各部品に対応するモデル(機能モデル)を結合することで作成される。次に、作成された車両モデルに対して、車両を構成する各部品に関するパラメータ#12(例えば車体の走行抵抗やタイヤの損失抵抗等),実車両走行テストと同じ条件(例えば路面の傾斜,温度,気圧など)をあらわすデータ#13、及び、実車両走行テストと同じ運転操作に対応するデータ#14が入力され、車両走行シミュレーション#15が実行される。その後、実車走行テストにおいて車両走行に関する各種パラメータ#16が測定されると、その測定結果が解析され、シミュレーション結果と比較される。これにより、作成された車両モデルが評価される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-341259.gif
研究分野
  • 計算機シミュレーション
  • 自動車設計・構造・材料一般
展開可能なシーズ 製品を構成する部品をシステム要素としてモデル化し、システム要素から製品モデルを作成することにより、製品実体をコンピュータ上で再現するためのシミュレーションモデル作成装置、及びシミュレーションモデル作成方法、並びにシミュレーションモデル作成プログラムを提供する。
互いに異なる座標系をもつ機能モデルの結合処理を、簡単にかつ効率的に行うことができ、結果として、プログラム開発の容易化及び計算処理の高速化を実現することができる。
用途利用分野 車両用シミュレーションモデル作成装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 長松 昭男, . 長松 昭男, . 車両用シミュレーションモデル作成装置. 特開2008-152623. 2008-07-03
  • G06F  17/50     

PAGE TOP