TOP > 技術シーズ検索 > 形状測定装置及びその方法

形状測定装置及びその方法

シーズコード S130010078
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 池内 克史
  • 長谷川 一英
  • 増田 智仁
技術名称 形状測定装置及びその方法
技術概要 本方法による移動可能に固定された観測点対象上の測定点までの距離と方位を計測する距離計測システムは、一点の測距を行うためのレーザレーダユニットと、水平スキャンを行うための4面ポリゴンミラーと、垂直スキャンを行うための平面スイングミラーとから構成されるスキャナユニットと、レーダ制御ユニット部と、2つのミラーの制御部と、計測結果を計測用コンピュータに伝送するインターフェース部を内蔵するコントローラユニットと、記録媒体に計測結果を保存することが可能で、且つ、スキャナユニット及びコントロールユニットを制御可能なコンピュータを具備する。気球で固定されて空中で大規模な文化遺跡の形状をスキャンするためには、気球の浮力を考慮に入れて小型軽量なユニットを形成する必要があることと、風等の自然現象に影響されないようにするため、高速で計測可能であることとが求められる。本方法では、所望の一画面を1秒で高速計測可能な構成を有するスキャナユニットと、スキャナユニットを計測領域範囲に可動制御するコントローラユニットと、計測データの格納用、及び制御用のコンピュータを具備する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-510154.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 足場が不要で、自在に視点位置を変えながら高所からの計測が可能で、簡易に且つ高速に大規模建造物等の形状計測を行うことができるシステム及び方法を提供する。
空中計測装置によって取得される歪みを含む距離画像と、地上の定点から得られる歪みのない距離画像とを位置合わせする際に、パラメータ表現された形状の歪みを同時に考慮し、これを補正する手法を用いる。上空の観測点の座標と移動速度は、計測結果から算出することができるので、予め知られている必要は無い。
用途利用分野 3次元形状測定装置、大規模構造物健全性判定装置、地震影響測定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 東京大学, 独立行政法人科学技術振興機構, . 池内 克史, 長谷川 一英, 増田 智仁, . 形状測定装置及びその方法. . 2008-01-10
  • G01B  11/24     
  • G01S  17/87     
  • G01S  17/89     
  • G01C  15/00     

PAGE TOP