TOP > 技術シーズ検索 > 触媒不斉エポキシ化

触媒不斉エポキシ化

シーズコード S130010103
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 山本 尚
  • バサク アリンドラジット
  • ツァン ウェイ
技術名称 触媒不斉エポキシ化
技術概要 この触媒不斉酸化を、種々のキラルなビスヒドロキサム酸リガンドを用いて実施できることを示す。この反応が広範囲のキラルなビスヒドロキサム酸リガンドを用いて、エナンチオマー過剰率を提供する。図はトランス-2,3-ジフェニル-2-プロペノールをエポキシ化するのにこの反応を使用できることも示している。キラルなビスヒドロキサム酸リガンドの本体及び特性を変更することがこの反応のエナンチオマー過剰率及び収率の両者を最適化する手段になる。図は、この反応が塩化メチレン及びトルエンの両者中で成功裏に実施できることを示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-549384.GIF
研究分野
  • 酸化,還元
展開可能なシーズ アルキル、シクロアルキル、アリール、ヘテロアリール、ヘテロシクリルからなる群から選択される基を有する有機ヒドロペルオキシド、及び過酸化水素からなる群から選択される酸化試薬の存在下に、アルケンである基質を触媒量のキラルな式を有するビスヒドロキサム酸リガンド及びVO(OPri)、VO(acac)、VO(OEt)、及びMoO(acac)からなる群から選択される金属と反応させて触媒不斉酸化による、キラルな酸化生成物であるエポキシド化合物を製造する技術を提供する。
この触媒不斉酸化において触媒系は水に影響され易くないので、モレキュラーシーブスは必要なく、しかもアキラルな酸化剤として有機ヒドロペルオキシドの水溶液を使用できる。触媒系は空気の影響も受け難く、反応を好気的条件下で実施できる。反応の後処理は容易に行うことができ、大規模な反応に適している。
用途利用分野 エポキシ化合物、触媒不斉エポキシ化技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) ユニバーシティ オブ シカゴ, 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 山本 尚, バサク アリンドラジット, ツァン ウェイ, . 触媒不斉エポキシ化. 特表2007-522115. 2007-08-09
  • C07D 301/19     
  • C07D 303/14     
  • B01J  31/22     
  • C07B  53/00     

PAGE TOP