TOP > 技術シーズ検索 > 車両走行用仮想試験を行うシステム及びプログラム

車両走行用仮想試験を行うシステム及びプログラム

シーズコード S130010104
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 長松 昭男
技術名称 車両走行用仮想試験を行うシステム及びプログラム
技術概要 車両走行仮想試験システム1は、例えば車両を駆動輪が駆動可能であるように台上に設置した上で車両の走行テストを行う従来方法に対し、車両を複数の部品からなる実体として扱う。車両を構成する部品をシステム要素としてモデル化し、システム要素から車両モデルを構築した上で、その車両モデルを用いて車両の走行テストを仮想的に行うものである。具体的には、車両走行試験に際して用いられる車両の走行ラインを演算する車両走行ライン演算ツール2と、車両走行の仮想試験を実行する車両走行仮想試験ツール3とを有している。さらに、仮想試験に伴い車両走行の様子を仮想試験と並行して又は仮想試験後にモニタに表示する車両走行描画ツール4と、オペレータの要求に応じて、仮想試験に用いられる道路データを提供する道路設計ツール5(ここではCAD)と、を有している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-002363.gif
研究分野
  • 計算機シミュレーション
  • CAD,CAM
  • 試験方法と試験
展開可能なシーズ 安全で低燃費の車両走行を実現する有用な走行ラインを演算し得る車両走行用仮想試験を行うシステム及びプログラムを提供する。
車両走行ライン演算に際して用いる道路データとしてCADデータを採用することで、実測に近い高精度データに基づき道路を再現することができ、それを用いて、安全で低燃費の車両走行を実現する有用な走行ラインを演算することができる。また、実測に近い高精度データに基づき再現された道路を用いて車両走行試験を実行することができるため、路面状態の影響を反映した試験結果を出力することができ、その試験結果に応じて、路面状態を改善するように対処することができ、その試験結果に応じて、路面状態を改善するように対処することができる。
用途利用分野 車両走行用仮想試験システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 長松 昭男, . 長松 昭男, . 車両走行用仮想試験を行うシステム及びプログラム. 特開2008-171114. 2008-07-24
  • G08G   1/0969   

PAGE TOP