TOP > 技術シーズ検索 > ナノ炭素担持体の製造方法とその方法で製造されたナノ炭素担持体を用いたそのDDS薬剤

ナノ炭素担持体の製造方法とその方法で製造されたナノ炭素担持体を用いたそのDDS薬剤

シーズコード S130010148
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 飯島 澄男
  • 湯田坂 雅子
  • 村上 達也
  • 芝 清隆
技術名称 ナノ炭素担持体の製造方法とその方法で製造されたナノ炭素担持体を用いたそのDDS薬剤
技術概要 図にTUNEL染色法によるPEG-DXR処理oxNHのin vitro薬効評価を示す。ヒト非小細胞肺癌細胞株NCI-H460の培養液に、oxNHを添加し、3日後にTUNEL染色を行う。10μg/ml DXR処理群ですべての細胞がTUNEL陽性となり、DXR処理で細胞にアポトーシスが引き起こされていることを確認する。未処理群、5PEG処理oxNH添加群および20PEG処理oxNH添加群においてTUNEL陽性細胞は見られないが、5PEG-DXR-oxNHおよび20PEG-DXR--oxNH添加群では明らかにTUNEL陽性細胞数が増加する。以上の結果から、PEG-DXR-oxNHは、癌細胞に対してDXR同様アポトーシス誘導活性を有している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-506393.GIF
研究分野
  • 炭素とその化合物
  • 固形製剤
展開可能なシーズ ナノ炭素材の外壁部に、水溶性または水分散性化合物との付加体として機能性有機分子が担持または付着されているナノ炭素担持体の製造方法であって、ナノ炭素材の分散液と、生理活性分子もしくは薬物分子と水溶性もしくは水分散性化合物との付加体を混合して、ナノ炭素材の外壁部に付加体を担持もしくは付着させるナノ炭素担持体の製造技術とカーボンナノチューブ等のナノサイズの大きさのナノ炭素材に薬物等の機能性有機分子を担持させたナノ炭素担持体の製造技術とその方法で製造されたナノ炭素担持体を用いたドラッグデリバリーシステム(DDS)薬剤を提供する。
生体内水素系においても良好な水分散性が得られるように、機能性の有機分子と水溶性または水分散性化合物との付加体をナノ炭素材の外壁部に担持、付着させているので、水分散性に優れ、安定した担持、付着が可能とされていることから、DDS薬剤等しての応用展開が拡大される。ナノ炭素材の外壁部に機能性有機分子が担持、付着されているので、生体内において、生体組織や細胞に対してより直接的な機能性の発現が可能となる。
用途利用分野 ナノ炭素担持体、ナノ炭素担持体製造技術、ナノ炭素担持体DDS薬剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, 日本電気株式会社, . 飯島 澄男, 湯田坂 雅子, 村上 達也, 芝 清隆, . ナノ炭素担持体の製造方法とその方法で製造されたナノ炭素担持体を用いたそのDDS薬剤. . 2009-01-29
  • A61K  47/48     
  • A61K  47/04     
  • A61K  47/34     
  • A61K  47/40     
  • A61K  47/32     
  • A61K  47/22     
  • A61P  35/00     

PAGE TOP