TOP > 技術シーズ検索 > 新規なセラミダーゼ及びその利用

新規なセラミダーゼ及びその利用

シーズコード S130010168
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 大滝 真作
  • 高橋 徹
  • 田中 崇裕
  • 藤田 仁
  • 山形 洋平
  • 阿部 敬悦
  • 長谷川 史彦
  • 五味 勝也
技術名称 新規なセラミダーゼ及びその利用
技術概要 資源の有効利用の為には、不溶性かつ疎水性のために難分解性であるプラスチックや化学繊維を分解してモノマーやオリゴマーとして回収再利用することが望まれ、それらにはウレタン結合またはアミド結合が種々の割合で含まれている場合が多く、回収再利用のためには効率良くウレタン結合またはアミド結合を切断することが必要であり、そのような反応を触媒する酵素が必要であった。数万もの分子量を有する高分子物質中のウレタン結合及び/又はアミド結合を分解する新規なセラミダーゼを麹菌アスペルギルス・オリゼ(Aspergillusoryzae)RIB40株から取得した。そしてそのアミノ酸配列及びそれをコードするDNAの塩基配列を決定した。この酵素を利用したプラスチックの分解方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-534383.gif
研究分野
  • 酵素生理
  • 微生物酵素の生産
  • 廃棄物処理
展開可能なシーズ プラスチックを分解するセラミダーゼ及びその利用方法を提供する。
数万もの分子量を有する高分子物質中のウレタン結合及び/又はアミド結合を分解する新規なセラミダーゼが麹菌から取得され、そのアミノ酸配列及びそれをコードするDNAの塩基配列が特定され、該酵素を利用したプラスチックの分解方法等が提供される。
用途利用分野 プラスチック分解技術、麹菌セラミダーゼ、プラスチック分解セラミダーゼ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, 国立大学法人東北大学, . 大滝 真作, 高橋 徹, 田中 崇裕, 藤田 仁, 山形 洋平, 阿部 敬悦, 長谷川 史彦, 五味 勝也, . 新規なセラミダーゼ及びその利用. . 2009-03-19
  • C12N  15/09     
  • C12N   9/80     
  • C12N   1/15     
  • C12N   1/19     
  • C12N   1/21     

PAGE TOP