TOP > 技術シーズ検索 > フレームレート変換装置、フレームレート変換方法及びフレームレート変換プログラム

フレームレート変換装置、フレームレート変換方法及びフレームレート変換プログラム

シーズコード S130010206
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 寅市 和男
  • 武 徳安
  • ジョナ ガンバ
  • 大宮 康宏
技術名称 フレームレート変換装置、フレームレート変換方法及びフレームレート変換プログラム
技術概要 基準フレームにおける複数個の画素について、時間を異にする複数の画像フレームにおける各対応点を推定する対応点推定処理部2と、推定した各画像フレームにおける各対応点について、それぞれ近傍の画素の濃淡を示す階調値から各階調値を求める第1の階調値生成処理部3と、上記基準フレームにおける複数個の画素に対して、上記推定した各画像フレームにおける各対応点の階調値から対応点軌跡上の濃淡をフルーエンシ函数で近似し、その函数から補間フレームにおける対応点の各階調値を求める第2の階調値生成処理部4と、上記補間フレームにおける各対応点の階調値から、上記補間フレームにおける各画素の階調値を生成する第3の階調値生成処理部5を備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-227626.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 映像処理装置、フレームレート変換装置、フレームレート変換プログラム
本発明では、フレーム間の映像対応点を追跡し、その時間推移を函数表現して、原フレームと変換するフレーム数との比で函数補間フレームを生成することで、フレーム数を増減しても鮮明で円滑な動きの映像信号を得ることができる。その結果、表示器にあったフレームレートで鮮明で円滑な動きの映像表示を行うことができる。
用途利用分野 映像処理装置、フレームレート変換装置、フレームレート変換プログラム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 寅市 和男, 武 徳安, ジョナ ガンバ, 大宮 康宏, . フレームレート変換装置、フレームレート変換方法及びフレームレート変換プログラム. 特開2010-062953. 2010-03-18
  • H04N   7/01     

PAGE TOP