TOP > 技術シーズ検索 > 地図作成方法とロボットの移動経路決定方法

地図作成方法とロボットの移動経路決定方法

シーズコード S130010298
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 石井 健太郎
  • 石田 明彦
  • グレッグ ソール
  • 稲見 昌彦
  • 五十嵐 健夫
技術名称 地図作成方法とロボットの移動経路決定方法
技術概要 ロボット1が環境内を移動する際の経路決定に利用する地図情報を作成するための地図作成システムである。互いに異なる識別子が付与された複数のランドマーク装置2から構成され、複数のランドマーク装置はユーザによって環境内の任意の位置に配置される。各ランドマーク装置は、自装置の周囲に配置された隣接ランドマーク装置との間で光無線通信を行う通信手段と、光無線通信により隣接ランドマーク装置の識別子を取得すると共に、その隣接ランドマーク装置の自装置に対する方位を検出する検出手段とを有する。さらに、自装置の識別子と隣接ランドマーク装置の識別子、及び方位とを含む隣接装置情報を生成する情報生成手段を有しており、複数のランドマーク装置が隣接装置情報を光無線通信22,23で互いに交換し合うことによって、複数のランドマーク装置の間の相対的な位置関係を表す地図情報を作成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-042773.gif
研究分野
  • ロボットの運動・制御
展開可能なシーズ 地図情報の作成及び教示を極めて簡単かつ直観的な操作により実現することのできる技術を提供する。
ランドマーク装置同士が互いの位置関係を理解し、自動的に地図情報を作成してくれるため、システムの導入が極めて容易である。また、ランドマーク装置同士が情報交換するだけで地図情報が完成するので、地図情報の作成に要する準備時間を極めて短縮できる。
用途利用分野 地図作成装置、ロボットの移動経路決定システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 石井 健太郎, 石田 明彦, グレッグ ソール, 稲見 昌彦, 五十嵐 健夫, . 地図作成方法とロボットの移動経路決定方法. 特開2011-180737. 2011-09-15
  • G05D   1/02     
  • G09B  29/00     

PAGE TOP