TOP > 技術シーズ検索 > ジュロリジン誘導体の製造方法

ジュロリジン誘導体の製造方法

シーズコード S130010302
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 小林 修
  • 宮村 浩之
技術名称 ジュロリジン誘導体の製造方法
技術概要 ジュロリジン(Julolidine)及びその誘導体は、蛍光物質、有機半導体、有機光発電素子等に応用可能な電子受容体-供与体化合物等において有効に機能することが知られている。従来より多様なジュロリジン誘導体を合成することが可能になる。溶媒中で、Sc(OTf)などで表されるルイス酸金属触媒又はこの触媒を高分子に担持した触媒の存在下で、アニリン又はその誘導体、アルデヒド化合物、及びビニル化合物を混合することにより、ジュロリジン誘導体が得られる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-052763.gif
研究分野
  • 貴金属触媒
展開可能なシーズ ジュロリジン誘導体の新規な合成法を提供する。
この方法によれば従来より多様なジュロリジン誘導体を合成することが可能になる。
用途利用分野 ジュロリジン誘導体製造方法
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 小林 修, 宮村 浩之, . ジュロリジン誘導体の製造方法. 特開2011-184382. 2011-09-22
  • C07D 491/22     

PAGE TOP