TOP > 技術シーズ検索 > エレクトレット、静電誘導型変換素子及びエレクトレットの荷電方法

エレクトレット、静電誘導型変換素子及びエレクトレットの荷電方法

シーズコード S130010307
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 藤田 孝之
  • 中出 圭亮
  • 豊永 智彦
  • 前中 一介
技術名称 エレクトレット、静電誘導型変換素子及びエレクトレットの荷電方法
技術概要 静電誘導型変換素子100は、絶縁材料からなる基板11と、複数のグリッド接続用電極12と、複数のベース電極13と、絶縁材料層14とを有しているエレクトレット10と、エレクトレット10に対向して配設されている可動部20と、エレクトレット10と可動部20とに接続されている抵抗30とを備えている。エレクトレット10におけるベース電極13全てと、アース及びニードル電極41とを接続するとともに、グリッド40と、エレクトレット10におけるグリッド接続用電極12とを接続する。続いて、ニードル電極41とベース電極13との間に所定電圧を印加し、絶縁材料層14を荷電する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-070880.gif
研究分野
  • 圧電気,焦電気,エレクトレット
展開可能なシーズ エレクトレットは公知となっているが、より簡易な構成でエレクトレットの電荷消失をより抑制できるエレクトレット、及び、エレクトレットへの荷電がさらに容易な方法が望まれている。
本発明によれば、より簡易な構成で作製し易いものであるにもかかわらず、電荷消失を従来のものよりも抑制できたエレクトレット、及び、該エレクトレットに容易に荷電できるエレクトレットの荷電方法を得ることができる。
用途利用分野 静電誘導型変換素子、エレクトレット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 兵庫県, . 藤田 孝之, 中出 圭亮, 豊永 智彦, 前中 一介, . エレクトレット、静電誘導型変換素子及びエレクトレットの荷電方法. 特開2011-188725. 2011-09-22
  • H02N   1/00     

PAGE TOP