TOP > 技術シーズ検索 > ポリマー組成物及びその製造方法

ポリマー組成物及びその製造方法

シーズコード S130010328
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 濱田 浩幸
  • 蒋 永剛
  • 樋口 行平
  • 前中 一介
技術名称 ポリマー組成物及びその製造方法
技術概要 このポリマー組成物は、ジメチルビニル末端ジメチルシロキサンとテトラメチルテトラビニルシクロテトラシロキサンとを、100:2~73:1の比率で重合させてできる。このポリマー組成物の製造方法は、ジメチルビニル末端ジメチルシロキサンと、テトラメチルテトラビニルシクロテトラシロキサンとを、100:2~73:1の比率で混合する混合工程と、混合工程後、ジメチルビニル末端ジメチルシロキサンと、テトラメチルテトラビニルシクロテトラシロキサンとの混合物を、60℃~80℃の温度下において所定時間放置する工程と、を有している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-150465.gif
研究分野
  • 高分子固体のその他の性質
展開可能なシーズ 皮膚などの被貼付物に貼付可能な生体適合性を有したポリマー組成物が望まれる場合がある。そこで、皮膚など様々な被貼付物に貼付することが可能なポリマー組成物及びその製造方法を提供する。
このポリマー組成物を何回も使用することができることから、このポリマー組成物は、被貼付物への貼付と剥離とが1回でできなくなってしまうものに比べて経済的である。また、このポリマー組成物は、生体適合性を有したものであるので、直接、皮膚などに長時間貼り付けることも可能である。ポリマー組成物を容易に製造することができる。また、例えば、DSDTとTTCとの混合条件を100:2とした場合には、混合条件を70:1~73:1とした場合に比べて硬いポリマー組成物とすることができる。
用途利用分野 皮膚貼付物
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 兵庫県, . 濱田 浩幸, 蒋 永剛, 樋口 行平, 前中 一介, . ポリマー組成物及びその製造方法. 特開2012-012494. 2012-01-19
  • C08L  83/07     

PAGE TOP